麗しのトルコ紀行   その1

b0128101_14284225.jpg

5月27日から6泊8日でトルコに家族で行ってきました。
ありえない流れで急に行く事になったトルコ。
いろんな心配を吹き飛ばして3人でリフレッシュしてきました~
b0128101_14285737.jpg

アジアが好きなダーリンとヨーロッパが好きな私。
東洋と西洋の文化の混ざり合う場所、それがトルコで、二人の意見を合わせたらトルコなら二人とも楽しめるかな~と昨年何気なく話していた。もちろん何の予定も全くなく、まさか行けるなど夢にも思わなかった。
でもトルコならトロイは行ってみたいけど、ギリシャとかスペインとかイタリアがいいな~なんて正直あまり期待はしていなかった・・・
出発当日までふたりともとても忙しかったので、どこに行くかくらいさ~っと目を通しただけだった。
でもその中でトルコにいろんな夢に描いていた場所があると知って、かなり期待は高まっていたのだけど♪
もっとも気になるのはわんにゃんたちのこと・・・
4匹のわんにゃんたちの性格や癖や注意点などレポート用紙にいっぱいまとめて、ファビ&ドロシーコンビを玄関側に、ビオラは2階のベッドルームにバニラはいつものアロマ部屋にそれぞれ隔離することや絶対にはちあわせになって喧嘩になったりしないように準備万端にしてそれぞれのおやつや薬やケア方法などそれぞれにまとめる作業・・・これかなり疲れました・・・
そして2人のペットシッターさんにお願いをしてありがたく行けることになったのでした。
b0128101_142986.jpg

そして、関西空港から夜にフライト、タシケントで乗り換えイスタンブールへ☆
写真は2日目に行ったカッパドキア。
いくつもの奇岩が立ち並ぶ姿は圧巻!
想像以上の素晴らしさに絶叫してしまいました~
b0128101_14351419.jpg

なんともいえない空の青さと、どこか異空間に来たような不思議な地域・・・ギョレメ
洞窟をくりぬいたホテルや実際住んでいる方たちもたくさんいて、ハウルの動く城、はたまたムーミン谷のモデルになった場所じゃないの????と大興奮状態でした~
カッパドキアはアナトリア高原の中心に広がる大奇岩地帯、きのこ状の岩に代表される奇岩の不思議な景観、奇岩の中に残された洞窟教会や修道院、地下何十メートルも掘り下げられた地下都市で、イスラム教からの弾圧を逃れるためキリスト教信者たちがこの奇岩に教会や住居をうつし、信仰を守りながら身を潜めて生活していたという、300もの教会がこの洞窟の中に点在している。
イエスキリストの死後、マリアとその使徒であるヨハネがこのトルコに移りキリスト教を広めたという話を知っていたけれど、キリスト教の力があまりにも大きくなったため、イスラム教徒によって弾圧された結果、ここならば安全だと移り住んだ場所。。。それがこのカッパドキア。
b0128101_14292033.jpg

ほんの数十分しか見学時間がなかったんだけど、どうしても洞窟の中に入りたくて、3人で走って行きました。
b0128101_14353093.jpg

はしごを登って洞窟の中に入ると、中はひんやり。
不思議な感覚に包まれました。写真を撮るといっぱいシャボン玉みたいなのが映って、ひし形に変わったり・・・とても不思議な・・・ようやく辿り着いたような・・・
ここで1週間位滞在したい!!!!
もう一度ここに来たい~
ガイドのカデラさんも年に一度は必ず1週間から2週間ほどここに滞在し、リタイア後にここで住みたい、と言われるくらい、写真には映し出せないなんともいえない素晴らしいところです~♪
b0128101_14294012.jpg

そして、3日目のパムッカレ。
山の上から湧いている天然温泉が下の平原に流れ込む間に冷却され、含んでいる炭酸カルシウムを残し、まるで水の流れのような形をしている石灰の大地が作られたパムッカレの石灰棚。
う~ん!ここは!ここは!!!!!
全身に鳥肌がたった~
この美しい場所・・・・
どこかで見たことのある、遠い記憶が蘇る・・・
ギリシャ神話が子供の頃から大好きで、私のイメージしていた、白い土、そしてブルーのとても澄んだ水に金色の長い髪をした美しい何人もの女性がオーガンジーのような白い布のドレスを着て、ここで戯れる姿。
まさしくここ!!!!だったのです。
探していたものが見つかったような表現できない嬉しさにつつまれて、思わず涙ぐんでしまいました~
すぐそばにヘラニズム時代から出来ているヒエラポリスの町跡が残っていて、それもまたロマンチックでした。
b0128101_14301546.jpg

炎天下で33度位、太陽がまぶしすぎてサングラスを外せませんが、それでも何度か誘惑に負けてとっちゃいました~ほどよいぬるま湯で裸足でこの美しい場所を満喫しました。
b0128101_1430199.jpg

どこへ行ってもそうでしたが、私たち家族はは大モテ・・・特にりぽりんはやばかったです!!!!
パムッカレでも子供達に囲まれ、なかなか離してくれません。
なぜかみんなうっとり~の熱い眼差しを送ってくれるのです~
何故~???日本人は憧れの的なのでしょうか。
でもでも子供達、本当に可愛すぎました!!!!ありえない可愛さです!
それにしても、この美しい場所・・・うっとり~
b0128101_14402830.jpg

[PR]
by aromananairo | 2009-06-06 16:06 | おでかけ | Comments(0)

京都・奈良の境、精華町にあるアロマセラピースクール&サロン      ゆかりんのなないろページ♪


by aromananairo
プロフィールを見る
画像一覧