麗しのトルコ紀行  その2

b0128101_12534714.jpg

4日目はエフェソスへ。
トルコ最大の遺跡で、紀元前12世紀に建設された都市国家跡。エーゲ海を近くに望む丘陵地帯にあるイオニア地方に位置していて最前期をローマ帝国時代に迎え、小アジア属州の首都であったところ。
図書館や神殿、大理石通り、音楽堂、円形劇場など、偉大なるその姿は溜息ものでした。
b0128101_12522530.jpg

写真はセルシウス図書館
ローマ時代、アレキサンドリア、ベルガモンと共に3大図書館の1つに数えられたセルシウス図書館。約12万冊もの蔵書を誇ったという。
b0128101_12524136.jpg


b0128101_130197.jpg

b0128101_132908.jpg
半円の直径が158mもある地中海文明でも最大級の野外大劇場。収容人員は約2万5千人で、ここでグラディエーターも行われたらしい。
b0128101_13402712.jpg

お花のレリーフが可愛くて♪
古代ローマのその彫刻の装飾の素晴らしさに昔から心惹かれつづけていたけれど、いたるところにステキなレリーフが彫刻されていて、見所いっぱいです~
b0128101_13185958.jpg

世界七不思議のひとつ、アルテミス神殿。紀元前550年頃、小アジアの港湾都市エフェソスに建てられた巨大な神殿。アテネのパルテノン神殿を上回る規模で、高さ19mの大理石の円柱127本で彩られていたという。紀元前356年、後世に名を残したいと思ったヘラストラトスの放火によって消失。その後、再建もされるが、数々の侵略にあい、破壊されてしまい、現在は柱一本だけ~
でもみてみて~!
柱の上に鳥が巣を作ってひなを育ててました♪
すごいとこ選んだのね~!お目が高いわ~
b0128101_12525225.jpg

エフェソス・・・ここは・・・
実は一番来たかった場所・・・
その名を聞いただけで何故か胸が高鳴った場所・・・
b0128101_12544734.jpg

そして5日目はトロイへ。
トロイの木馬は、ギリシア神話のトロイア戦争において、トロイを陥落させる決め手となった装置。木でできており、中に人が隠れることができるようになっていた。ホメロスによって書かれた叙事詩イーリアスにも出てくる。
映画の”トロイ”を観てから、一度は訪れたいと思っていた場所。
古代ローマ時代の映画は、何故か心が高鳴る~
b0128101_1255113.jpg

木馬の中に登って行きました。
ほら~♪窓から顔を出しているのはわたしたちれ~す♪
それにしてもトルコの空、本当にブルー!!!です。
[PR]
by aromananairo | 2009-06-07 14:06 | おでかけ | Comments(0)