麗しのトルコ紀行 その5

b0128101_11422980.jpg

ラッキーその1☆
メラヴェーナ博物館で、結婚式の新郎新婦に出会えました~♪
まだ少女のような17,8歳位の女の子、トルコでは適齢期だそうです。
今は、都会では恋愛結婚も多くなっているそうですが、田舎の方ではほとんどがお見合い結婚。
トルコの結婚では、容姿はあまり問題ではなく、女の子の性格によって、そしてそれは家族や親戚によって相手を選ばれ、決められます。
そして、お見合いでは女の子の入れるチャイ(お茶)の入れ方がとても重要で、もしも女性がそのお見合い相手の男性を気に入らなければ2度目のチャイの中にお砂糖ではなく、お塩を入れるのです。そこで男性は自分がふられたことを知り、そのお見合いはなかったことになります。
だっ男性側に選ぶ権利はないのだろうか????
面白い話があって、一昔前の日本人を思わせるようなトルコ人の気質・・・
男の子がそろそろ年頃になって結婚したいな~と思ったら、けしてそれを言葉で家族に伝えてはいけなくて、それとなくお母さんの作る美味しいお料理をわざと残したり、夜遅く帰ってきたり、言葉数を減らして、反抗みたいなことをして、その意思を伝えるんですって。
ちょっと前までは屋根の上に登り、ねこのようにみゃ~みゃ~鳴いたそうです(^_^;)
おっおかしくない????大笑いしてしまいました~
はっきり言えばいいのに~うふふ~
そうすると、家族は悟り、家族や親戚が結婚相手を探し始めます。
女の子はというと、こちらもハッキリ言うのはとても失礼で、してはいけません。
お母さんのお手伝いをしてお料理を作りながら”死んだら自由になれるかしら・・・・”と溜息をつきます。
これが結婚したいという合図だそうです。
そっそっちのがよっぽど失礼~???(^_^;)
それで女の子の家族は屋根の上にあきびんを置きます。それが”ここに結婚したい娘がいる”という”しるし”なんだそうです。
それをみて男性側は結婚を申し込みにやってきます。
そして、めでたく結婚が決まっても、式をあげるまでは、デートも親戚中がついてきて、けしてふたりきりにさせないようにするんですって。
晴れの結婚式では花嫁はどんなに嬉しくてもけして笑ってはいけなくて、それはお母さんにとても失礼にあたるから・・・本当は幸せいっぱいでも、泣いて別れを悲しまなくてはいけないのです。
ほ~んと・・・なんだか昔の日本人気質似ていませんか~
b0128101_11424246.jpg

ラッキーその2☆
割礼の儀式中の男の子に出会えました。
私達を見て、立ち止まってポーズしてくれたんです~
お~喜ばしいことですが、これから痛い目にあうのね・・・ちょっぴりお気の毒・・・
でも男の子は、割礼が一生に3回あるうちのひとつめの大イベントで、(後のふたつは、軍隊に入ること(義務)そして結婚。)この豪華な晴れ姿が何よりも嬉しいことなのだそうです。
次の日には割礼パーティをしているところも見ることが出来ました。
b0128101_1142040.jpg

ラッキーその3☆
食事は、ありえないくらい私好みのものばかり!!!!
本当は食事は全てついていたのですが、ベジタリアンに対応してくださって、私とりぽりんは特別メニュー♪
トルコ料理はその種類のの多さで世界三大料理のひとつとなっています。
トルコ料理といえば、シシカバブとかキョフテとかお肉料理ばかりと思っていたので、食べられるものがないだろうな・・・と日本から梅干やら昆布やらいっぱい持っていったんだけど、全く!いりませんでした!!
ちょっとみなさんに不評なメニューが出たのだけど(全食事つきだったので選べません)、その時も私たちだけはとっても美味しいトルコ料理♪
他の方から私たちの食べているものの方がいい!!と言われたらしく、添乗員さんは慌てて、私たちがあらかじめベジ料理を頼んでおいたことをお伝えされてました(みなさん、ごめんなさい~)
いつもいつも大好きな野菜が本当にたくさんあって、バイキングでは4回位、サラダのおかわり~
スープもコンソメとか使ってなくて、お野菜のお味とたくさんのスパイスのみで作ります。その種類の豊富さにびっくり。とっても美味しいピクルスもこれでもかっ~というくらいいただきました~
大好きなチーズも常に5種類くらいあって種類豊富で、何個も何個もいただきました~
そして、とっても美味しいドライフルーツやナッツ類の数々・・・ピスタチオ、大好きなんです~
クランベリー、ラズベリー、ブルーベリー、アプリコット、いちじく・・・
これまた美味しすぎる濃厚ヨーグルトにたっぷりのドライフルーツとナッツとフルーツジャムをかけていただく。
ダーリンが”まるでゆかちゃんのためにあるような食事やな!!!!”と何度も連発していた。
我が家の朝食は、トースト、フルーツヨーグルト、そしてチーズにピーナツバターやチョコクリームまたはジャムをつけていただいているので、まさしく~完璧に私好みのありえないバイキングれす!
そして・・・いちじく・・・・・♪
それは最も私の好きな食べ物♪
アンタルヤは、いちじくが街の木で、この食べ放題状態に身も心もとろけてしまいました~
それから、本物のオリーブ油の味も知ってしまいました。
最近、アロマのゆりあ先生の真似をして、サラダにオリーブオイルとバルサミコ酢をかけて、毎日いただいているのですが、オリーブオイル全く別物です~
油というよりお水に近いさらさら~とってもとっても美味で、パンにもサラダにもこれだけで美味しい!
ちょっと高価だったけど、この味!!!家族ではまって即買いです。
b0128101_11501263.jpg

これは、”のび~るトルコアイス!”
一度食べてみたかったので、これまたすぐにゲット♪ヨーグルト味で美味しかった。
トルコのデザートは本当に甘すぎて、この大の甘党の私やりぽりんですら、ほとんど食べられません・・・
甘すぎ・・・です。
でも、ドライフルーツにナッツをはさんだ物(これはダーリンが超気に入って、たくさんたくさん買い込んで、でも旅行中に全部食べてしまいました)や、ロクム(トルコの有名なお菓子)ナッツの入ったチョコ(名前はわかりませんが、りぽりんと私ははまりまくり!!!)をバスの中でむしゃむしゃ♪
b0128101_1159312.jpg

ラッキーその4☆
ガイドのカデラさんが作ったトルコ地図。
観光するところをわかりやすく作ってくれました~
私達のバスは2号車。
1号車は36人くらい乗っていて満杯。
私達は24人と少なかったので、座席2つを一人が座れるという超ラッキー。だから足が楽です!
二組ほどは一人1席だったので、最初と最後の日以外は、みなさんに譲ってりぽりんとふたりで座りましたが、愛の貯金の解凍か!!!!
ありえません!!!
帰りの飛行機、ファーストクラスです!!!
いえ、もちろんエコノミーなんですが、タシケントで乗り換えた飛行機では私達の座席の前が全部あいていたのです。
イスタンブールからタシケントまで、しんどかったので・・・
飛行機、首がとっても痛くなって大変なのです。
なのでこのときは思わず遠慮なしに前の席をふたつゲットしてしまいました。つまり9人分の席を3人で使わせていただきました。
おかげでダーリンもりぽりんも私も、なんと枕2ついただいて、毛布3枚いただいて、なんと足をのばしてごろんと横になって爆睡して日本まで帰ってきたのれす!!!
ありえますか???これって♪♪♪
b0128101_11425334.jpg

前にも書いたけれど、子供達にに大もて~
みんな私たちを離してくれないのれす~
見学が出来ない~
でもとっても可愛くて、み~んな抱きしめちゃいました☆
b0128101_11583744.jpg

b0128101_1151576.jpg

ラッキーその5☆
大もてなのは子供達だけではなく、りぽりん、まるで芸能人状態。。。。。
どこにいても熱い男の子達の視線☆
なっなんで????不思議なくらい、りぽりんの周りにナイスガイが寄ってきてアピールしてきます!
最初に出会ったイケメン(ほんまにイケメンれした♪母やばい・・・あんな子がお婿さんになったら緊張する!)
りぽりんは気に入られ、いっしょに写真を撮り、バスを見送りにきてくれました~
笑いの止まらない単純りぽりん♪
でも手にキスされた時は”性的カルマが増える・・!”と”ふいていい??”と私の服でふいてました(こっこら!)
ちなみにわたくしも・・・・どこでもりぽりんと姉妹にに間違えられ~、親子というと信じられないとびっくりされました~るん
りぽりんに”いくつ~”と聞いた後、”あなたは~?”と聞いてくださる。
えっえっと・・・いうんれすかい?わたくしまで???”ふぉー・・ふぉー・・ふぉーてぃ・・・すっすりー・・・”何で言わなあかんねん・・・とどもっていると、ビックリ仰天されてしまいました~るん。
お世辞でもなんでも褒められるととっても嬉しいです!
b0128101_11544512.jpg

ラッキーその6☆
イスタンブールは、とても交通量が多く、ほんの10分で行ける所でも曜日や時間帯(朝と夕方)では2、3時間以上かかると言われ、月曜日の夕方にイスタンブールに入る予定だったのでガイドさんも心配されてたのだけれど、全く問題なし・・・スースー行けて本当にラッキー過ぎる~だったそうです。
おかげで食事後、ヨーロッパで一番大きいとされるデパートに家族で行けました。
お土産を買う時間が全くなく、最後の日の最後に行く場所、グランドバザールにかけていたのですが、やっぱり時間が足りなくて、ここでちょっとお菓子とか買えたので後になって本当に行っててよかったと思いました。
ラッキーその7☆
洞窟レストランで、みんなとお食事。
ここのテーブルに座ったメンバーは、和歌山、三重、大阪、京都、兵庫、広島とみんなバラバラところから来ていて、年齢も79歳のおばあちゃんから20歳のりぽりんまで・・・・み~んなとってもあたたかな優しい方達ばかり。
本当にごいっしょできてとても楽しかったです~
そして、なんといっても添乗員さんの小野さん。お優しいジェントルマン、あんなにお優しい添乗員さんは見たことがない~とみんな本当に喜んでいました、素晴らしく素敵な、本当にお優しい方でした。
ガイドのカデラさんも日本語ぺらぺらでバスの中でいっぱいトルコの国について教えてくださってとても勉強になりました☆
バスの運転手さんもあんな大型バスでものすごいスピードで、めちゃくちゃ運転がうまい!!
せまい道でもなんなく・・・・さすがプロ中のプロ!素晴らしかったです、長距離運転本当にありがとうございました~♪
[PR]
Commented by やすこ at 2009-06-12 15:02 x
素敵なトルコの風をとどけてくれてありがとう~♪
きれいな景色と素敵な笑顔いっぱいですね。
私もいつか行ってみたいです。夢がひろがる~。

Commented by aromananairo at 2009-06-12 16:52
やすこさ~ん、大胆不敵・・・にも行ってしまいました~
トルコの風、届いて嬉しい~♪
身体も心もとっても楽になって、そして頭がからっぽになって、本当に癒されました。
是非いつかやすこさんもとトルコの風に吹かれてくださいね~
by aromananairo | 2009-06-11 13:29 | おでかけ | Comments(2)