久しぶりの里帰り

火曜日に、お正月以来ご無沙汰してしまっている滋賀の実家にひとりで帰ってきた。
行く予定はたてるものの、ダーリンの仕事が入ったり、家の用事が重なって、ず~っとのびのびになっていた。
今回も直前でダーリンがお仕事となってしまい、あ~また駄目か・・・と思いながら、母に電話すると、”ひとりでちゃ~っときたらいいやん”とのお言葉・・・
”確かに・・・”006.gif
実家に帰る時は、というより、どこかに出かけるときはいつもダーリンがいっしょなので、自分ひとりで行くといくことは頭になかったんだけど、”そっか~!!”
母は、りぽりんの成人式の着物を早く私に渡したいのと、携帯をようやく持つ気になって、一緒に買いにいってほしかったらしい。
来年、いよいよ成人式を迎えるりぽりん・・・振袖どうしよう・・・と思っていたら、私が成人式にたった一度だけ着た祖母に買ってもらった振袖を着るというのだ。
あ~ありがたいわ~♪
びっくりするようなお値段をだして、買ってもらっておきながら、たった一度しか袖をとおしていなかったので、ちょっぴり胸がいたんでたから、りぽりんが着るといってくれて本当に嬉しかった。

ちょっとどきどきしながら、ひさ~しぶりの高速道路・・・
京奈和自動車道を通って、京滋バイパスを通って、実家に向かった。
高速の運転が怖かったけど、それでも下道を使わず高速を使うと本当に早いなあ~
一時間ちょっとで着いてしまった。

着くと、母が私の大好きなお茶漬けセットをずら~りと並べて用意してくれた。
なすびのぬか漬け、奈良漬、梅干、赤かぶら漬け、ぜ~んぶ母の手作りのお漬物・・・
あっという間にぺろっと平らげてしまった。
小さい時から毎日祖母の漬けたお漬物を3食欠かさず食べていた私にとって、何よりのごちそう~
祖母が生きていた頃は母も働いていたし、こんな田舎臭いこと出来ない!っていう感じだったから、今、母が祖母の味と同じ味、いやそれ以上の美味しいお漬物の数々を作ってくれることに感動しかない。
もちろん、お野菜はこれまた、祖母のしてきたことを受け継いで畑で父が育ててくれている。
あ~何杯でも食べれる~
美味しい~
さいこ~
こんな美味しいごはん他にありますか~うひょ!

いつまでもお箸をおかない私に、母がしびれをきらし、携帯を買いに連れて行って~と催促された。
隣に住むお兄ちゃんやお義姉さんと行ったらいいのに・・・・と不思議だったんだけど、どうもAUの家族割りで私も里帆もAUなのでただで喋り放題になるらしい・・・・
守山のららぽーとで丁寧な説明を受けてしっかりとプランを決めていた。
それにしても最近の携帯はとても高くてびっくりした。新規でも3万とか4万とかする・・・・ぎょえ~!!!
もう絶対買えないわ・・・でももう2年半使ってるし、後どの位持つかな・・・ぶつぶつひとりで言っていたら、”ついでにこーときー(買っとき)な。こーたら(買ったら)ええやん、ついでやねんし”と母が言った。
”そんなん言われても、お金ないし~かわれへんわ~”と答えると
”お母さんこーたるやんか、ついでやし”と言う。
”え~!!!!!!!”
だって一台4万以上するのに、母はのほほんとした顔で2台をキャッシュで買ってしまった。
びっびっびっくり・・・
らっらっらっらっき~・・・・
でっでも・・・いいのだろうか・・・・あっあっありがとう・・・・
母の金銭感覚はよくわからない。
ずっと正社員で長年働いてきたこともあってか、買い物をする時に値段をみて買わないのだ。
例えば小さな小さな5個くらいしか入ってないみかん。。。それが1000円しても平気で買う。
とにかく値段を見ない。
いつもいっしょに買い物に行った時は、子供の時からずっと母がかごに入れようとしている物をひとつづつチェックして、安いものに変えたり、返したり・・・必死でチェックしていた。

携帯を買った後は、お惣菜をいろいろ買ってくれた。
野菜のみのコロッケ、赤いこんにゃく、美味しいお魚やさんで蛸やたらこ・・・かごいっぱいになんだかんだ買ってくれた。b0128101_21564925.jpg
この赤いこんにゃく、たまりませんことよ~めちゃうま・・・
このこんにゃくで育った私は、結婚して名古屋に行った時に、グレーのこんにゃくをみてびっくりした、そしてお。い。ち。く。な。い。。。。赤いのがいい~!
りぽりんも大好きなので3つも買ってもらいました~。
お洋服も買ってくれるつもりだったらしいのだけど、夕方には京都の家に戻らないと行けなかったので、時間がなくなってしまった。
あ~残念・・・・^_^;いや、このくらいにしとかなバチあたるわ・・・時間がなくて良かった。
甘えすぎは禁物~

そして、家でお留守番をしていた父は車に積みきれないほどのお家で作ったお米や野菜、お菓子、果物を本当にたくさんたくさん用意してくれていて、全部父が少し離れた場所においてある車まで運んでくれた。
じゃがいももさつまいももなすびもどっさり~
b0128101_21573234.jpgいちじくが何よりの好物の私のために早朝に父が20個も採っておいてくれた。20個一度にぺろりとたいらげてしまうほど、大好きなんです~
本当に本当にありがとう~

結局、実家ではほんの30分ほどゆっくりしただけで、な~んにも出来なくて話もほとんどできなかったんだけど、いっぱいの愛を本当にありがとう~


実は・・・物心ついた時から、私と母の関係は最悪だった。
双子だったので双子の兄を母が、そして私は祖母に育てられた。
母は私が憎くて仕方ないような態度や言葉をずっと投げつけてきた。親戚や近所の人までがびっくりするような・・・本当に私のことが嫌いなんだと誰が見てもわかるらしく、父からも祖母からも学校の先生からもみんなからいつも哀れに思われていた。
そして、20歳頃から少しづつ関係がよくなりはじめたのだけど、またぶりかえし、母が怖くて怖くてそして悲しくて、悔しくて、ものすごい怒りと悲しみを抱えた人生を送ってきたように思う。
それが、あらら~どうしちゃったの・・・・・
いつの間にか癒されている・・・
自分でもびっくり。。。。
いつからだろう・・・・
今日?いや少し前?一年前くらい?
いつからかわからないのだけれど、あんなに許せなかった母なのに、もう全くそんな感情がないのだ。
自分でも驚いた。
本当にたくさんの方がホリスティックアロマで癒されても、私だけは無理だろう、このことに関してはまだまだ時間がかかるだろう・・・と思っていたのに・・・・
許せないどころか、母を愛しいと思う気持ちすらわきあがっているのだ。
正反対の性格・・・それすら笑えてしまうほど。。。。
癒されている・・・・
母の痛みを自分の痛みとして、そしてひとりの人間として理解することが出来るようになり、そしてその傷があったからこそ今の自分が存在していることに感謝ができて・・・
ありがとうの思いで包まれている。

あ~こんな日がくるなんて・・・

お母さんありがとう~
いてくれてありがとう~
今度は必ずトリートメントさせてもらうからね~。

お父さん、お母さん、ありがとう~
[PR]
by aromananairo | 2008-09-18 19:02 | おでかけ | Comments(0)