ならまちパート2

火曜日のお休みに今度はダーリンとまたまたならまちに行ってきた。
紅葉を見に京都の大原か嵐山に行きたかったのだけど、なんせダーリンのお休みが週に一日だけなので、なんだかんだ用事があったり、どうしてもしなくてはならないことがあったり・・・
だから、遠出はやめて車で20~30分ほどの奈良公園に行こうということになった。
私は、先週に引き続き、ならまちでのランチ♪

この日は、リーズナブルなランチを楽しめる町屋カフェの”カナカナ”へ
omoyaのお隣にある小さなお店。
ちょうど12時前だったので、やっぱり4組ほど待っていた・・・・
せっかく来たのに”待てない!”というダーリンのために、仕方ないから違うお店に向かった。
有機野菜を使ったヘルシーなランチをいただけるところが確かこの辺にあったはず・・・
でもいくら探してもない!
あれれ・・・・
なんと和菓子やさんに変わってたのら・・・
ショックを隠しきれない、お腹のすいただーりん・・・
また仕方なく、ランチの出来るお店を求めてならまちをぶらぶら・・・
b0128101_1104573.jpg

b0128101_105043.jpg
細い石畳の路地を歩いて行くと、蓮の実や赤唐辛子、ほおづきを売っているお店があった。
面白そうなので二人で入った。
入るとすぐに私の大好きなひのな漬けがいっぱい~
しかも100円~
即買いしました!
お漬物が何より好物なので、一日でぺろりとなくなっちゃうのよね~

その奥に草木染めの素敵なストールが所狭しと置かれていて、二人で見ていると、おばちゃんがいろいろにこやかに説明してくださった。
くるみやあけびで染められた自然の色は本当に優しくて・・・・
進められるまま首にまかせていただいた。
私の大好きな浅黄色のストールをまいた時に、ダーリンがとっても気に入ってくれ、おばちゃんのほんわかおすすめもあって、なんとダーリンが買ってくれた♪
お安くしてくださっていたので、ラッキーラッキー♪
生成りも大好きなので悩んだのだけど、生成りやベージュのストールやマフラーはもっているし、ダーリンが”ゆかちゃん色”と言うこの浅黄色の優しい草木染、大切に使わせていただきます~
b0128101_10504765.jpg

そんなこんなしていると、時間は1時半に・・・
こんな時間ならもうすいているかも・・・・と、カナカナに向かった。
でもまだ3組待っていた。
今度は待つことにしたのだが、案外早く入ることが出来たのだった。
有名なえびカレーとほうれん草チキンカレーは完売だったので、カナカナランチをいただいた。
お店の中は案外広くて、omoyaに比べると全然庶民的な普通の町屋。(当たり前か~)
懐かしい香りの建物だった。
お味は美味しかった。
お肉のだめな私は駄目なものがあったのだけど、メインもダーリンが喜んで私の分まで食べてくれたし、一度来たかったお店なのでよかった。
今度は、ベジカレー作ってくれないかな~
メールしてお願いしてみようかな~
b0128101_10531777.jpg

お腹がいっぱいになったので、今度は歩いて奈良公園へ。
以前、結構このあたりをうろうろ散策していたので、近道を使った。
奈良ホテルを抜けて春日大社の前の道へ~
ダーリンは”なんでこんな道知ってるん????”めちゃ近いやん!”とびっくりしていた。
奈良ホテルのお庭をぬけちゃうのら。うしし・・・
b0128101_1052999.jpg


たくさんの可愛い鹿さんたちがおやつをもらえると思って集まってきた。
かわいい~
うちのわんのファビに似てるんだよね~
人間に慣れているので、鹿の方からお辞儀をしながら寄ってくる。(お辞儀をするとえさをもらえるとどの鹿も思っているのら・・・一体誰が教えたのだろう・・・)
そして、充分に鹿と遊んだ後、寒さに負けた二人は、紅葉をちらみしただけで車まで引き返した。
b0128101_10534718.jpg
その後は、またまた大好きな高畑町でお茶をしに車で向かった。
志賀直哉旧居のすぐ近く、高畑サロンか、新薬師寺の近くのろくさろんか・・・悩んで、車を止められるろくさろんでケーキ&カフェをした。
どうしてか、高畑に来ると気持ちが落ち着く・・・
大好きな心休まる場所・・・
ひっそりと静まり返ったこの地をゆっくりと散策するだけで、自然に心が穏やかな気持ちに包まれていく。
昔、辛い時によくこの地をおとづれた。
志賀直哉旧居も何時間でもそこにたたずんでいられるようなレトロな空間。高畑サロンは南仏プロバンスの古い建物、そのノスタルジックな趣の中でゆっくりお茶を楽しむのも本当に私のささやかなラグジュアリー☆
b0128101_10542671.jpg

ろくさろんでは、品のある老紳士や老婦人たちがを6、7人ほど何かの古典の書物を読み、その訳を先生に教えていただいている勉強会をされていた。熱心にメモをとられたり、質問されたり、皆さん、品があって、物静かな頭の良さそうな方達ばかり・・・
素敵な時間の過ごし方をされているのだな~と邪魔をしないように静かにお茶を楽しんだ。
名前を知りたかった木がお庭に植わっていて、名前も記されていたので、ラッキーにも知ることができた。
”なんきんはぜ”という名の木だった。
冬には白い実のようなものがなり、そこから蝋燭ができるという。
紅葉も美しく、ダーリンのお店にも生えていたり、光台の街路樹にもあって、その可愛らしい葉がとても気になっていた木だったので名前を知ることが出来てとても嬉しかった。
4年前に亡くなった私の大好きだった祖父が、いつも私に”花の名前をたくさん知っている女の子に育って欲しい”と常々話していた。
お花や動物や自然を愛した最愛の祖父・・・誰よりも優しく、誰よりも公平で、誰よりもまっすぐな自慢の祖父だった。
おじいちゃん・・・またひとつ、木の名前を覚えたよ☆
懐かしい祖父を思い出して、胸が切なくなった・・・・
今の私を見て、祖父は笑ってくれるだろうか・・・
祖父の願った優しい女性に少しは成長できただろうか・・・
おじいちゃん・・・もう一度いっしょに山を上ったり森を散策したり、植物園に行ったり・・・
優しいおじいちゃんのその温もりの中に包まれたい・・・
b0128101_10545187.jpg


日も暮れかかってきたので、そろそろ帰る準備。。。。
一日ってあっという間だな~
でもでもせっかく来たのだから、もうひとつだけダーリンに紹介したいところがあるので、寄り道しよう~
と、”くるみの木一条店”へ。
b0128101_10551623.jpg
b0128101_1055315.jpg
b0128101_10555182.jpg

可愛らしいセンスのいい素敵な建物の中に、雑貨やさんとカフェがある。
本当にセンスのいい家具や内装、しつらえに心が躍る。
二人で仲良く雑貨を見たり、お洋服をみたり~
でもでも二人とも必死でケーキは我慢しました!
(当たり前か!その前にケーキ食べたもんね、でも美味しいんだもん、ここのケーキ!)
今度、ケーキを食べにまたこようね~と、ダーリンもとっても気にいってくれました。
やわらなか夕暮れの光の中で照らされた店内は、本当に居心地がよくて、素敵です~

奈良って京都の華やかさはないのだけど、どこかほっこりする場所・・・
京都も大好きなのだけど、奈良もの~んびりしたい時には、ほんとにいいよね~
明日香村や天川村、吉野・・・自然がいっぱい・・・
来年の秋は、久しぶりにもののべの道をハイキングしようかな~
[PR]
by aromananairo | 2008-11-20 19:29 | おでかけ | Comments(0)