<   2008年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ミモザ

我が家のシンボルツリー、大好きなミモザが咲いた058.gif
まあるくて黄色い可愛い花を今年もたくさん咲かせて、春の訪れをつげてくれる。
今から11年前に、はじめてミモザの花を見た時、その可憐さに一目ぼれしてしまった053.gif
b0128101_1540588.jpg
いつかこのお花を植えたいな~と思っていたけど、当時はどこを探してもなかったのにそれから家を建てることが決まったとたん、この木との出会いがあったのだった。
予想をはるかに通り越し毎年毎年切っても切ってもぐんぐん大きくなっていくミモザ・・・
あまりに大きくなりすぎたため、今年は自分で切ることは難しそう・・・
近くに植えたこれも探し求めた大好きな木、ユーカリがなんと日が当たらなくなり上へ上へ細長く変な形に伸びてしまった007.gif(ショック・・・)
家を建てるときに予算がかなりオーバーしたため、お庭は全部自分たちですることになった。
主人と私がが気に入った木を買って、それを主人と私の父がトラックで運んで力を合わせて植えてくれた。
どうしても欲しかったのがミモザ、ケヤキ(ミモザとケヤキは今5メートル以上に大木になっている)山帽子、オリーブ、クレスト、シャラ、ブルーベリーやブラックベリー。
お花は薔薇やつる薔薇、ジャスミン、アジサイ、もちろんクリスマスローズはどうしても欲しかったし、玄関からお庭へと続くところにハーブ園を作りたかったので、ラベンダーとローズマリー、タイム、オレガノ、ペパーミント、パイナップルミント、アメジストセージ、クラリーセージ、チェリーセージ、ハニーサックル、ラムズイヤー、アニスヒソップ、コリアンダー、マロウ、ゼラニウム、レモンバーム、バジル、マージョラム、後は名前が思い出せない~と本当にいっぱいいっぱい植えた012.gif
今は、増えすぎてしまって歩く場所がなくなったので、泣く泣く半分以上刈り取ったけれど・・・

父はとても器用なので、注文したとおりレンガをつんでアンティーク風に花壇を作ってくれたり、木を固定するくいをまるで職人技で打ち込んでくれたり、とても重い枕木を何本も埋め込んでくれたりした。
本当に器用な父、料理の腕もプロ並み!センスもいいので盛り付けまでまるで料亭でいただくような料理を作る。
プラス、ダンディなので、とてもおしゃれに気を使い、スーツのポケットには、ブランドのハンカチはもちろん香水の入ったアトマイザーとくしと日焼け止めや口臭スプレーなんかも入っていたりする。
資格を取る前にアロマのトリートメントを練習させてもらおうと”トリートメントどこがいい?”と聞いたとき、迷わず”顔!”と答えた。普通背中とか、足じゃない~?かっ顔って・・・おじいちゃんやし・・・044.gif
話は戻って、土が粘土質なので、花が育たないため、私はお庭の土を掘っては少しづつふるいにかけて、粘土や石を取り除き、買ってきた腐葉土と土を混ぜ込みもどしていった。
全部やり終えるのに1ケ月くらいかかったかな~
腰がたたなくなってぎっくり腰に3回もなったのに、少し楽になるとまた庭に出てゆっさゆっさと土をふるい続けた。思い出しても腰痛い・・・
いったいどこにこのエネルギーがあるのだろうと言う位、私は夢中になることがあると、必死に自分の力でやりとげようとする。途中であきらめたり、人に任せたりとかが出来ない(誰かやってくれる人がいれば別だけど026.gif
結構、ずっしりと背負いまくるタイプみたい・・・009.gif
当時、小学生だった子供も遊ぶ約束をしていない時は、その小さな手でいっぱい手伝ってくれたから、汗だくになりながらふるいをかけている自分と子供の姿に笑いをこらえながら、なんだか楽しく出来たのかな066.gif
好きなことだから苦にならなかったのかな056.gif
でももう私も若くないし~これからはゆっくりゆっくりなんでもゆっくりしていこう~っと003.gif

b0128101_15481985.jpg

[PR]
by aromananairo | 2008-03-29 15:40 | おうち&がーでん | Comments(6)

my sweet home

1999年8月に小さい頃からの夢だった輸入住宅を建てました。
当時ではまだ珍しく、壁の色や窓枠も見本がなくて、イメージだけで作り上げたのでした。
もちろん中は漆喰、土佐漆喰でわらが入っていて、無垢のパイン35mmのフローリング。
とても素敵なフローリングなんだけど、自然そのままなので隙間が開いてきて、それはそれで私は好きなのだけど、何とその中にわん達のそそうが入り込み・・・本当に辛い。。。
外出して帰宅すると、おいてけぼりをくったファビののこれみよがしそそう・・・本当に辛い。。。
帰るなりコートを着たまま、その凄い悪臭を早く取り除きたくて、つまようじとトイレットペーパーでお掃除をしなくてはならない。
こだわりがこんなところで裏目にでるとは・・・・
そして、木製のアメリカカリフォルニア製の素敵なドアも雨が降ると木が湿気を含み開かない・・・
取っ手がとれてしまって、入れないこともある。
でもこれがまた味わい深く、この風合いが大好き。
アンティークがとても好きだったのでランプは全てイギリスのアンティーク、メインの照明はアメリカアンティーク・・・
アンティークの大きな海に沈んだ宝箱のようなトランクや魔法使いの杖のような傷の入った大きなブナの無垢板の食卓テーブル・・・
白いタイルのキッチンにホーローのシンク・・・パインのフレンチドア、木枠の格子窓・・・
真鍮の取っ手にスペイン製の洗面ボール
どれもこれも短い時間で厳選して一生懸命選んだものたち。
大好きなものに囲まれて、お家にいる時とても幸せな気分~
グリーンをたくさん置いて(50個くらいあるかな~)お花を飾って、この安らぎの空間でお茶を飲むひと時、最高~
でも大抵わるわるファビ君とわるわるドロチーがこの優雅な時間をしっかり邪魔してくれてゆっくりお茶どころではないのだけれど・・・^_^;

こんなお家が建てられるなんて9年前までは思っても見なかった。
とても広い恵まれた田舎の旧家で育ったのだけれど、子供の頃は、日本家屋のその薄暗さがとても怖くて、ひとりで家にいることは高校生になるまで出来なかった。本当に怖いのだ。
土地が開発されて住宅が建ち、モデルハウスが出来ると子供ながらにして自転車でいろんなところに行って、見て回った。
そして、明るくて綺麗な外国のような家に強い憧れを抱くようになったのだった。
結婚して、とっても狭い2DKのアパートにも築30年の古い社宅にも住んだけれど、でもどれも私にとってお城だった。だってドアが、がらがらではなく(昔の家の引き戸)ノブ式だったから♪実家は玄関の鍵がない。いつも開けっ放し、もちろん中からは鍵がかかるのだけれど、外から入る時は裏からしか入れない。だから鍵を持つことが憧れだった。鍵をあけて玄関から入る友達がうらやましかった。
そして、住んでいる所をもっと素敵にしたくて、カーテンやファブリックを気に入った布で手作りしたり、毎月お給料日になると、ひとつづつ可愛い雑貨を買い足したり、花やグリーンを育てたりして、いつも綺麗にしていた。今まで住んだ全ての狭いお家も古いお家もそれなりに素敵に蘇って、どのお家もみ~んなインテリア雑誌にも掲載された(うふっ♪ちょっと自慢)
そして賃貸でなくて、持ち家に住めることになって、そこも本当に大切にしていたし、これが終の住家だと思っていたのだが、夢だけは、どうしても忘れられず、ずっと心の奥にそっと秘めていた。
そして、ある日、いやがる主人を誘って大阪の輸入住宅のモデルハウスに行ってからは、もう秘めたはずのわくわくどきどきの扉が勢いよくどば~っと開いた。
だけど、主人が買ったお家、ローンも後少しだったし、その思いを口にすることは出来ず、でも思いは募り、その当時流行っていたDrコパさんの真似をして、主人の枕の中に輸入住宅の写真をしのばせておいた。
そうしたら、なっなんとそれから半年。。。
私がいつも眺めていた輸入住宅のインテリア雑誌を主人が横からみて、”結構いいな~”とこぼしたのだった。
ありえないことだった。絶対引越しはしないし、この家があるんだから!と言っていた主人。輸入住宅なんて全く興味もなく、大阪から他の土地へ移ることなんて考えたことなどなかった。
そこからいっぱい資料を集めて、あっという間に、本当に半年の間になんと大阪から京都の今の土地を購入する流れになったのだった。そして、念願の輸入住宅を建ててくれる事になった。
せっかく後少しだったローン、またたくさんになるのに。。。
田舎者の私はどうしても大阪の地になじめなかった。子供の頃から、京都の奥ゆかしい静かな雰囲気が大好きだったのでいつか必ず暮らしたいなと思っていた京都・・・
本当にありがとう~ダーリン♪

どのお家も大切にしてきたけれど、やっぱりこのお家は格別♪
私の夢のお家・・・
たくさんのわんとねこちゃんのおかげで傷だらけだけど、私にとってこんなに素敵なお家はないの~
素敵なお家を建ててくれてありがとう~
ずっとずっと大切にしていきたい。
そして、みんな笑って仲良くここで暮らしていたい。
主人が脱サラリーマンをしてから、暮らしていくことにとても不安になって、感謝を忘れていた私。
でも少しづついっぱいいっぱい感謝を思い出してきた。
ずっとここで楽しく暮らせるように、毎日笑ってがんばろ~♪
今、与えられたもの、環境に感謝していると、いつか愛の流れの中で、望みが叶ったり、ほしいものが与えられるって教えていただいたけど、本当にそうだった。
この感謝、いつも忘れずにいたい。
もうこのお家で本当に満足すぎるんだけど、欲をいえば・・・(^^♪
突然、雨が降ってきてもお洗濯物が濡れない、ベランダの屋根がほしいな~^_^;
いつか叶うといいな~
それと欲張り欲張り・・・でもうひとつ・・・
わんたちを洗うシンクのついたトリミング部屋~
コッカーのカットとシャンプー、ドライは早くて3時間はゆうにかかる。しゃがみながらお風呂場でするのだけれど、こっ腰が痛い・・・
ひどい腰痛でしばらく歩けない・・・
愛をたくさ~ん取り戻したらきっと手に入るかな~
楽しみ楽しみ(^^♪

b0128101_004661.jpg
[PR]
by aromananairo | 2008-03-26 23:00 | おうち&がーでん | Comments(0)

ファビラスラフィン

彼の名前はファビラス・・・アメリカンコッカースパニエルの男の子、9歳と10ヶ月
通称ファビ♪というか今までファビラスとは呼ばれたことがない・・・
その他にもいろんなニックネームで呼ばれ続け、ファー、ファタ、ファタさん、ファタコ、ビコ、ニャーちゃん、カチャオ、ヤックル、ガンダルフ、パン君・・・いっぱいあるなぁ~
とても綺麗な天使色の毛をした大好きなファビ。
何も考えずにつけた名前だったけど、ファビラスって”癒し”という意味だと3年ほど前に知った。
本当に名前の通り、そこにいるだけで、見ているだけで癒される。
とても怖がりで犬が大嫌い・・・
お散歩も本当に大変・・・
向こうから他のワンちゃんが来ると、向きを変えて違う道に行かないと大変なことになる。
どんな小さな可愛いワンちゃんにでも男の子であろうと女の子であろうときばをむいて吠えまくる。
は~
小さい時に一度他のワンちゃんに噛まれそうになったからかな・・・
そんなファビだけど、2歳違いの7歳のドロシーのことは大好き。
この子もコッカースパニエルで女の子なんだけど、ファビはなぜかドロシーに頭があがらない。
大好きなご飯をとられても、一生懸命噛んでいる口の中のガムをとられても、水をよこどりされてもいいなり・・・じっとまっている。
そして”まま~ぼっぼくの・・・まま~・・・とられた・・・うるうる”と私を見つめる。
仕方ないから新しいものをあげてもまたすぐにとられる。
要領の悪さも天下一品で、ずっと何かもらえるんじゃないかとママの後を追い掛け回し、カチャカチャと爪音をさせながらあっちこっち忙しい。
一日中そんなだから、疲れ果てて、本当にご褒美をあげようと呼んだ時にはグーグーいびきをかいて寝ている。
彼のかえしいびきは人間並み。。。笑えて笑えて仕方ない。
寝言も言うし、おやつをもらっている夢をみているのか短い尻尾を思い切りふりふりしながら寝てることもある。
そして、おならも・・・すごい音で”ぶー!”っとする。
お客さんが来ている時にされると本当に困る。
今のはファビです!といってもへ~といいながらみんな苦笑いしながら私をみる・・・
本当にふぁびなんだってば・・・!
でも時々、自分がしたのを家族中でファビのせいにしてすましてしまうこともある。
ファビごめ~ん(^_^;)
最近、ちょっとストレス気味のファビ君。
1年前に新たにミックスのビオラとなんとねこちゃんバニラが家族に加わったおかげで、ママを一人占めできなくなったから。
あらゆる悪さをして気をひこうとしているファビ。あまりにも悪すぎる・・・
ごめんね~
でもみ~んな大好きだけど、やっぱりママはふぁー君が一番なのよ~
ファビだ~いすき♪
b0128101_1656817.jpg
[PR]
by aromananairo | 2008-03-23 16:56 | わんこ&にゃん | Comments(0)

癒されて♪

3月16、17日にJHASの合同カウンセリング研修旅行があった。
今までいっぱい辛いことがあって、たくさん悩んで、たくさん泣いて、生きていくことがとても辛かった。どうしてこんなに辛いんだろう・・・っていつも葛藤をし続けていたように思う。
そんな自分を人に知られるのが怖くて、取り繕って元気なふりをしたりしてきたけれど、心はいつも悲鳴をあげていた。
それが少しづつ少しづつ、でも確実に、ホリスティックアロマに出会って、ゆりあ先生に出会って私の魂は癒されてきた♪学び始めて4年半・・・
その間に大きな浄化もあって、もう駄目だと思う日もあったけど、本当に頑張ったな~って自分をほめたくなった。
今回の研修でとても辛かった睡眠障害と、頑張っても頑張っても人の輪に入っていけない孤独感がなんと癒されてしまった♪
こんな日が来るなんて~
幸せになりたい!ってずっと思ってきたけれど、自分を変えることが出来ないと思っていた。もちろんいっぱいいっぱい努力してきたけど、すればするほどうまくいかないことで自信もどんどんなくなって・・・
それなのに、本当に癒されるってこういうことなんだ~とはっきり感じることができた。
これほどの真のやすらぎ・・・
私がずっと求めていた身も心も魂も癒される感覚を今、全身で味わっている。
生きてきてよかった~
頑張ってきてよかった~
自分を愛することさえ出来れば、自分で自分を包んであげることができれば
どんなことも乗り越えられる気がする・・・
愛にふれると、どんな人でもきっと変われる。
ゆっくりゆっくり~
焦らず、ゆっくりいこう~っと♪


私の大好きなホリスティックアロマセラピー、少しでもお伝えしたいと思います。
良かったらどうぞ~
http://www.geocities.jp/aromananairo/index.html

b0128101_1653227.jpg
[PR]
by aromananairo | 2008-03-22 02:22 | あろま&くりすたる | Comments(0)

京都・奈良の境、精華町にあるアロマセラピースクール&サロン      ゆかりんのなないろページ♪


by aromananairo
プロフィールを見る
画像一覧