「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

癒しエネルギー

b0128101_1313252.jpg

癒しのにゃんこ、ばにたんは、なんと人間でいうと100歳らしい・・・
先日、動物たちとも話せる?というかコンタクトのとれるとっても不思議な方がトリートメントを受けににいらして教えてくださった♪
”病気になったので捨てられたけれど、今はここにきてとっても幸せだから、前の飼い主さんを恨んでない~””人が好きやから~”ってばにたんは思ってるのだって。
b0128101_13134056.jpg

えらいね・・・・ばにたん☆
裏切られてもけして恨まず、許して、また人を信じて愛して・・・
ばにたんは、私にたくさんのことをいっぱいいっぱい伝えてくれる愛の師匠です☆
窓を開けてあげると、気持ちよさそうに風に吹かれながら、外をじっと見てるばにたん・・・
幸せ♪って言ってくれてありがとう・・・
その方によって伝えていただいたけれど、ばにたんをずっと2年半見てきて、私もやっぱりそう感じていた。
ばにたんのエネルギー・・・そこからずっと♪
いくら取り繕っても、言葉や態度でごまかしても、エネルギーというものは、やっぱりけしてごまかすことが出来ない。
私もよくどつぼにはまってしまうけれど、また自分で立て直して純粋な動物達を見習って生きていきたいな・・・

先週の月曜日に京都校の研修会があって、6月の実習はデコルテ♪
自己流になってしまうので、必ずJHASでは、月に一度研修会に参加させていただいてチェックを受けるのだけど、これがまた・・・私にとってはなくてはならない軌道修正の場♪
毎月毎月楽しみで仕方がない~
自分が練習させていただけるのももちろん嬉しいのだけど、モデルにもならせていただけるので一度でふたつぶの美味しさ☆なのだ。
Kちゃんとペアを組んで、Kちゃんの上手な優しいデコルテトリートメントにうっとり意識がなくなりつつある時に、なんとT先生のリフレク☆を受けてしまった(あっいや極上です!)
人間って、本当に痛い時とか本当に怖い時って声がでないんです!!!!
ユニバのジェットコースターに無理やり乗せられた時も声が全く出ず(そんな余裕もないのレス)無言で固まっていた・・・そしてショックで降りることすら出来なかった・・・
それは、いいとしてT先生のリフレク・・・たまりましぇん!!!
確かにその時はぎょえ~状態だったのだけど、生徒のみの特典のある素敵な施術をしていただいた後は、なんと痛ぎも~状態に変わり、その後はすっきり!爽快!身体がかる~い♪♪♪
ほんとたまりません~
今回はデコルテだけだったのでフェイシャルのリフトアップをなかったのだけど、デコルテの中に少しそのメニューが入っていて、なんとそれだけで、やっぱり顔がちゃ~んとリフトアップされてすっきり♪
あ~早くフェイシャルのバージョンアップ編補講、受けた~い!!!
フェイスライン、目元、そして口角がきゅっとあがる幻のリフトアップ♪
10歳は若返りますわよ~
今からわくわく、待ち遠しいです~
そして、その技術をしっかりマスターして、やっぱりたくさんの方にさせていただきたいなと思います。
JHASのリフトアップは技術とエネルギー、両方がとてもとても大切ですから、本当に日々の生き方そのものを心してやさし~く努力あるのみです☆

それから・・・・

男性の方からのトリートメントのご依頼をいただくことがあるのですが、どなたかのお知り合い以外は本当に申し訳ないのですが、火曜日のみとさせていただいております。
アロマが大好きで来たい!とおっしゃってくださる本当に純粋な方には、本当にご迷惑おかけいたします。

b0128101_13135239.jpg

昨日は、帰りがとても遅くなってしまって帰ったら7時前でした。
どうしよう・・・と焦って冷蔵庫を開けると、りぽりんが夕食を作っておいてくれまちた♪♪
”お~りぽりん!!!感謝感謝~”
久しぶりに食べたえび、とっても美味しかった。
タレは、りぽりん秘伝の、牛乳&めんつゆ&ごま油&コチジャン&ゴマ&ねぎの特製つゆ
これ、なかなかいけます~
お試しあれ~
この他にキャベツと豆腐の中華煮込みスープも美味でちた♪
りぽりん、ほんとありがと!!!
b0128101_1520674.jpg

ちなみに彼氏が遊びに来た日もりぽりんがご飯を作りました。
デミグラスソースオムライス(りぽりんの彼氏はお肉大好きなので鶏肉がたくさん入ってます。ダーリンは喜んで食べておりました)
あっさりクリームシチュー
新玉ねぎのたっぷり入ったサラダ
ふたりであっさり平らげたそうで・・・・
b0128101_15201881.jpg

こちらは、お肉の入ったオムライスを食べれない私のためにまた追加してこんなにたくさん作ってくれました。
揚げ茄子のトマトマリネ
中華きゅうり
タコとレタスとトマトのオリーブサラダ
キャベツと人参、きのこのスープ
タコ飯

りぽりんは、自分が食べて美味しい~と思ったものは、いつも”これ、どうやって作るん?”と聞いてきます。
そして、次に今度は自分が作って私に食べさせてくれます。
さらにアレンジして♪
たまに、これは・・・(^_^;)と思うものもちょっとあったりしますが、ちゃ~んと盛り付けにもこだわって、冷蔵庫にあるもので上手に作ってくれます~
気が向いた時にたまにだけど、ほ~んと助かります~
[PR]
by aromananairo | 2009-06-28 14:06 | わんこ&にゃん | Comments(4)

元気のもと☆アロマセラピー

部屋に広がった精油の香りに毎日癒されて・・・・
やっぱりリビングは、バジルかミントベルガモットが多いけれど、お客様がいらっしゃる時は、動物達の消臭を考えてレモンユーカリやレモングラスをたくことが多い。
アロマバスは、最近クラリーセージがお気に入り。
あのなんともしぶいうっとり~の大人の香りがたまらない~
そういえば、旅行中、乗り物酔いがひどい私があの長いフライトと長距離バスに難なく耐えられたのは、精油のおかげ。
飛行機の中では、クラリーセージとラベンダーのスプレーを作って持ち込んでいったので、しょっちゅうマスクの中にスプレーし、乾燥防止に本当に役立った。
豚インフルが流行ったおかげで普段マスクなど絶対にしないのに、マスクを購入して持ち歩いていた。
精油の潤い&リラックス成分たっぷりのマスクをつけた私達は、乾燥で喉が痛くなる事もなく、とても快適に過ごせたのだ。
バスの中では、ネロリがとても役立った。
ダーリンがいっしょなのでジャスミンを・・・と思っていたのだけど、乗り物の中なのでジャスミンの香りはちょっと強すぎて、変わりにさっぱりしていて、旅の疲れを癒してくれる香りネロリに決定~
アロマバスは、ラベンダーにしたり、クラリーセージにしたり・・・
シャンプーもトリートメントももちろん精油入りを持参、ボディソープも石鹸もあ~いい香り♪
もちろん眠る時は必ずラベンダーに包まれて☆

帰ってきてからちょっと疲れが出たのだけど、そこでティートリープレミアムのうがいにティートリーメレレウカのアロマバス、芳香浴はティートリーMQと、いっぱい免疫力を高めるティートリーのお世話になって、脅威の飲む薔薇水で、たった一日で回復してお仕事にも行けました♪

あ~♪ほんとにお薬に頼らないで自分で癒せるって素晴らしい~とあらためて精油のち・か・らの素晴らしさを実感できたのでした☆

もちろん、西洋医学、お薬にもとても感謝がわいたこの1週間でした。
ファビは緑内障になってから、ずっと目薬で眼圧を調整していただいているし、耳も肉厚垂れ耳で持病なのだけど、もう何年もお薬をつけず来れたのが、かなり悪化してしまい、ものすごい膿と臭いがひどくなっていた。
かたくなにティートリーの消毒だけで癒したい・・・の思いを捨てて、病院に行ったおかげで耳の洗浄と抗菌薬をいただき、とてもよくなってきた。
やっぱりかたくなな思いじゃなくて、どちらも上手に取り入れていくことが大切だな~って実感しました。
目は大阪まで耳は奈良市内まで・・・とこの1週間3回もあちこち行ったので、大変だったけれど・・・
でもファーくん。病院でもお出かけが嬉しいみたいで、しかもママを独り占めなので、なんだか幸せ太り?でちょっと体重が増えたかも♪

免疫を高めてみんな元気でいて欲しいから、いっぱい精油を使ってトリートメント、そしてヒーリング☆
ママ頑張る~♪♪♪

元気のもと、ごはんは~
b0128101_13402966.jpg

豆腐と山芋のチーズグラタン(すりおろした山芋にねぎと白だし、塩、黒胡椒を混ぜて水切りした豆腐の上にかけチーズをのせて焼きます)隠し味に白味噌を少し。
キャベツ、人参、きゅうりのピクルス(1週間ぐらいつけると味もしっかりで美味しい)
ブロッコリーとトマトのサラダ
b0128101_1341799.jpg

厚揚げとほうれん草のもやしピリ辛ソース
ブロッコリーとキャベツ、人参、きゅうりのピクルス(昨日のピクルスにブロッコリーもプラス)
人参のディップ(人参を梅干で煮て、すり鉢ですって、ねりごま、粒マスタード、しょうゆ、黒胡椒であえます)
ぶりの塩焼き(ダーリン用)
b0128101_13404465.jpg

豆板醤カツ
ズッキーニとソイミンチともやしのみそいため
かぼちゃのサラダ(粒マスタードが隠し味)
人参のおひたし
レタスに豆板醤カツを包んでいっしょに食べます~
b0128101_1343072.jpg

マニーの薔薇のカップ&ソーサーは、可愛らしいモーニングにぴったり♪
[PR]
by aromananairo | 2009-06-27 14:41 | あろま&くりすたる | Comments(0)

夢のギリシャ☆サントリーニ

昨日は、久しぶりにテレビを見ました♪
どうしても見たかった”世界ふしぎ発見”
先週、スペイン特集だったのに、どうしても時間がなくて見ることが出来なくて・・・・
DVDがないので録画も出来ず・・・・(がくっ)
泣く泣くあきらめたのだけど、今週はエーゲ海特集と聞いて、何が何でも見るぞ~!の勢いでした。
夢の島、”サントリーニ”
吸い込まれるように微動だせず、画面を見つめていました♪
アトランティスがあったとされる島・・・・
私達の憧れの島・・・
青と白のコントラスト・・・
サントリーニでサンセットを見ることが出来たカップルは、一生の愛を誓えるという伝説があるそうで、なんともロマンチック~
どうしても一度は行ってみたいところです☆
心が躍って本当に幸せな気持ちになりました~
ミコノス島もクレタ島も☆
本当に今”旬”で・・・・(王家の紋章のおかげで(^_^;))
真っ白の漆喰に赤や青や黄色のカラフルな窓枠・・・
美意識が世界一高いとされるこの島の人たち・・・うん、納得です!

映画のマンマミーアを観てから、私の奥にしまっておいた何かがとめどなく、ものすごい勢いで開いた。
ギリシャへの憧憬・・・
ずっと抑えていたものが、もうあふれだして、どうにもとめることが出来ず・・・・
どうしても・・・ギリシャは無理でもその近くまで・・・・どうしても行きたかった。
そんな時にトルコ・・・の記事が目に止まったのだった。

トルコに行くまでは、ヨーロッパは嫌だと言っていたのに、その雰囲気を少し味わって、すっかりファンになったのか”次はスペイン行きたいな!スペイン!イタリアやギリシャよりスペイン!”と言っていたダーリン。
なのに、昨日のテレビを観て、”やっぱりギリシャにしよ!うん、ギリシャや!
と、ころっと変わってました。

私には縁のない遠い遠い国・・・ずっとあきらめていた・・・・
でも~

本当にいつの日かそんな夢が叶いますように~♪

うん!愛の中で生きていたら、きっと叶う気がする♪♪♪
きっとその地をこの足で踏みしめることが出来る気がする~♪
がんばろ~っと
目の前に人参ぶらさげて、辛い事だって悲しい事だってやりきれない事だって・・・必ず乗り越える~

サントリーニでも洞窟住居があって、もう~たまりましぇ~ん。
お家をとても大切にすること、自分の住むところへの惜しみない愛着、綺麗にすること。
家族の誰にも似ていない、小さい時からこの感覚をずっと持っていた私。
今の家を建てた当時は、まだそんな材料は、ほとんど使われていなかったのに、迷わず”漆喰で”と希望していた。
どこかで覚えていたのかな・・・・この島のこと・・・うふっ
b0128101_1394299.jpg

昨日は、仕事を終えて家に帰ってから、わんたちのお散歩にでると・・・
ぎゃ~すごいことが・・・
家のミモザの木に豆?みたいなのがいっぱいなるんだけど、それがお隣の家や道路の半分くらいまで散乱していて、ごみステーションも家の木の葉っぱと豆?だらけ・・・
慌てて散歩の後にひたすら汗だくでお掃除をしてたら、30分かかりました。
時計を見てびっくり!!!7時15分だ~!ごっごはんを作る時間がない・・・どっどうしよう・・・・
超特急で作りました。
トマトソースパスタ(たっぷりのにんにく、玉ねぎ、トマト、バジル)と採れたて野菜サラダひまわりのたねトッピング(お店から戻る途中にまた畑のおっちゃんがくださいました~)フランスパンはオリーブオイルをつけて。
b0128101_1395475.jpg

今朝の朝食
トースト、サラダ、山ざしジャム入りヨーグルト、バナナ、チーズ、コーヒー

お掃除とわんたちのブラッシング&お手入れを念入りにした後、お弁当作り。
お弁当の中身は豆乳と海苔入り卵焼き、グリーンサラダ、ちくわのきゅうり詰め、昨日の残りのパスタにソイセージとちょっとのバジルソースを加えてからめたパスタ、豆乳とバジルソースとオリゴ糖で作ったフレンチトースト、それから多分”足らん!”と言うダーリン用に大盛りのごはんと高菜のおつけもの(なんでやねん)
急いでお店へgo~
午前中はあっという間に過ぎてしまいます。
昨夜雨が降ったので水遣りはしなくてよくて助かったけれど~
今、どなたも悩みの種???のそう・・・抜け毛の季節ですから~
洗濯機に入れる前にも衣類をガムテープでぺたぺた・・・
バニラとビオラの毛・・・すっすごいです・・・・お掃除大変・・・
コッカーたちもすごいと嘆いていたけれど、そんなもん。。。。比ではありません~
[PR]
by aromananairo | 2009-06-21 14:14 | おうち&がーでん | Comments(6)

王家の紋章

b0128101_14411232.jpg

ずっと読みたかった”王家の紋章”
ようやく40巻まで読めました。
20巻までは、忙しかったせいもあって1巻づつ少しづつ読んでいたのですが、20巻目からは、はやる気持ちが抑えられず、一日で15巻も読んでしまったり・・・・
あ~とりあえず、来週の木曜日にしか、その後の巻を借りれないので、待ち遠しいです!!!!
40巻は、ヒッタイト(トルコ)のイズミル王子がキャロルとトロイへ向かう途中で終わっていて、不思議なヒプノスから早く覚めてキャロルがメンフィスのもとに戻って~と、あせあせしてまする。
b0128101_14405512.jpg

この写真は、トロイの遺跡で・・・
だけど、ヒッタイトのイズミル王子も、とてもとてもキャロルを愛していて・・・
胸が切なくなってしまいます。
アイシスのメンフィスへの愛も苦しすぎて・・・・・
本当の愛は、その人の真の幸せを願うこと・・・・
だから愛が憎しみに変わることなどありえないのだけれど・・・
そうなんだけれど、人間ゆえの切ない痛み・・・・
相手の心が例え自分になくても、激しく思い続けるその気持ちには、なんだかちょっぴりじ~んとしてしまって・・う~ん複雑です。
特にイズミル王子の思い・・・キャロルが二人いればいいのに~なんて・・・

40巻はサントリーニ島がでてきて、きゃあ~♪
アトランティスがあったとされるサントリーニ・・・アトラスの守る島
ギシリャ神話・・・ホメロスの叙事詩・・・
なんだか”旬”すぎて☆☆☆

そう・・・・かなりはまってしまってます・・・

私は、その日の出来事や少し考えたこと、ちょっとテレビで見たり新聞で見たりしたなんでもないことが、結構かなり影響されて夢に出てきます。
なので、ちょっと・・・大変。
夢で、すっかり金髪になっていて(^_^;)キャロルになってまちた・・・・
すぐ入り込んでしまう(^_^;)

すぐ心がエジプトに行ってしまうので、気をつけます~
b0128101_156982.jpg

私のメンフィス・・・・です・・・
いっ・・・・痛い・・・・
b0128101_1563411.jpg

どこが違う????
[PR]
by aromananairo | 2009-06-20 15:14 | 菜々色日記 | Comments(0)

本物の味

b0128101_1253549.jpg

プランターに植えたプチトマトが、実をつけました☆
まだ青いけど、みずみずしくって美味しそう~
b0128101_1255661.jpg

きゅうりも3本出来て、今日早速いただいちゃいます♪
私の実家は、田んぼも畑もたくさんあって、結婚するまでお米や野菜など買ったことがありませんでした。
畑に勝手にできるもの・・・と思って、その美味しさが当たり前だと思っていました。
それが、結婚して、実家から遠く離れて住むようになり、はじめてスーパーでお野菜を買って食べた時・・・
その味に愕然といたしました。
全然違うんです・・・
いつも祖母が一生懸命育ててくれていたお野菜の味と・・・・
お野菜を買うようになってからもう20年ほど経ち、その味にも慣れましたが、それでも実家に帰ったときにいただくお野菜の美味しさ、そしてダーリンのお店の近くで畑をされているおじさんやお仕事仲間のお義父さんからいただく採れたてのお野菜のお味、やっぱり美味しすぎます!!!!
本物の味☆無農薬の心をこめて作られたお野菜やお米は、心も身体もとても元気にしてくれます~♪
b0128101_1261148.jpg

大葉もバジルもちょっとした付け合わせや香りづけに重宝~
今は、ハイツを建てたので、ほとんど残っていないのですが、実家にはとても大きな田んぼと畑と竹林があって、春、夏、秋、冬とその季節ごとのお野菜がほんとに売るほど(^_^;)たくさん採れました。
春は甘酸っぱいいちごを祖母といっしょに採って食べるのがとても楽しみで・・・
5月になると、茶摘を手伝い、兄と共に田植えについていって、一日中たんぼで暗くなるまで遊び明かしました。
サラリーマンだった父、日曜日は畑や田んぼ・・・
遊びに連れて行ってもらえず、唯一、父と車に乗ってそこに行くのが楽しみで楽しみで☆
たけのこ堀も、いつも上手に掘り起こせず、途中で切れてしまって・・・
専ら探す役目になってたんだけど・・・
兄とキャーキャー言いながら競争してたけのこを探してました。
また夏休みになると朝早くから、祖母についていって、大きなすいかやきゅうりや茄子やトマトを一輪車で何度も何度も家まで運ぶのを手伝います。
家から畑までは歩いて10分ほど・・・落ちた野菜を拾うのが私の役目。
毎日4個も5個も大きなすいか・・・山積みされたトマト・・・
もちろんおやつはてんこ盛りのすいかとトマト・・・
もう見るのもうんざりで、大人になってからは全く食べられませんでした~
でも、ようやく。。。。。この私がトマトをスーパーで買えるようになって(あんなにどっさりいつも家にあったものなので、わざわざお金をだして買う事ができなかったのです)
トマトの好きなダーリンのためにようやく買う決心がついてきました~
不思議とどれだけ食べても飽きなかったのが茄子ときゅうり。
祖母がぬか漬けにしてくれたおつけもの、3度の食事に一人3本も4本も食べていたのに~
ぬか漬けを出すのは私のお手伝いのお仕事。
そっと出すようにいつも言われて、ぬかの臭いが大好きな子だったので、手ぬかみそ臭くなった手を何度も何度も嗅いでました~(変?)

大好きないちじくがなると、毎日のように取り合いです。
さつまいも、じゃがいも、山芋、里芋、かぼちゃ、ピーマン、たまねぎ、ブロッコリーやカリフラワー、白菜、大根、人参、ほうれん草、小松菜、水菜、ねぎ、ししとう、いんげん、そら豆、えんどう豆、ごまやきゅうい、まっか(メロンのこと?)まで・・・まだまだたくさんあったと思います。

本当にたくさんのお野菜や果物をい~っぱいいただくことが出来たあの頃・・・・
感謝しかありません☆
きっとあの味は一生忘れないでしょう~
何にもなかったけれど、幸せだった☆
幸せはいつもそばに☆
当たり前の生活の中で、それが当たり前ではないということにただ気づかないだけで、いつもいつも幸せは一番身近なところにあって・・・・
実家にいた頃は、その田舎の古い風習の中で、自分が生まれてきたことさえも辛く、また両親との関係で自分ほど不幸な人間はいないなんて・・・思ったりして・・・
この~罰当たり者ですね!!!お父さん、お母さん、本当にごめんなさい~
いつも自分のそばにある、素敵な幸せ・・・そんなことに気づけていたら、本当にいっぱいいっぱいますます幸せですよね~
人間は、すぐに他の何かや誰かと比べたり、またすぐ忘れてしまうから・・・
今、ある小さな幸せにちゃんと焦点をあてて、ぶれないで生きていきたいなって思います☆
[PR]
by aromananairo | 2009-06-18 13:03 | おうち&がーでん | Comments(0)

麗しのトルコ紀行 おまけ編

b0128101_12464161.jpg

私達の帰りを待ちわびていたビオラ。
いつも昼間は、buffでお店番をしているので、疲れて、帰ってくると私のベッドでゆっくり休んでいます。
でも、1週間留守をしたので、心配で仕方ないらしく、階段のところで目をあけて私達の様子を伺ってます・・・
ただ、寝ていないので疲れきって身体はおきあがれません~
ファビ、ドロシー、ビオラをお世話してくださった奈良や京都でペットシッターされているfineの加藤さんファビ&ドロシー、そしてビオラと2回に分けての散歩、ごはんも別にあげないといけないし、ずっと見張っとかないと喧嘩になるかもしれないので、いろんなことを細かくお願いしたけれど、優しくお世話くださったようで、ビオラも私達がいなくてもごはんを食べてくれたよう。
いつもにぎやかなのに、2階のお部屋でずっとひとりぽっちだったビオラは、やっぱり何度も捨てられたというトラウマがあって、元に戻るのに1週間かかりました。
ごめんね~ビオラ。
ふぁーくんとどろちゃんは、帰ってきたら大喜びだったけれど、でも2匹でいつもいっしょにいて、いつもの場所で安心しきっているので、ストレスはなかったみたい♪
ごはんももりもり、おやつもいっぱい食べて元気に過ごしてたようです。
ねこのバニラは吉川ペットシッターさんにお願いして、ばにたんは充分に遊んでもらえたのが本当に嬉しかったみたい。窓からいつも吉川さんが来るのを待ちわびて見ていたそうな♪
ひとなつこいばにたんはみんなの人気者です。
吉川さんは奈良県生駒市鹿の台にお住まいで、家とは谷をはさんで隣の住宅地。道がないのでぐるっと回って行かねばなりませんが、それでも車だと5分位の場所。
我が家は5分で奈良市、また5分で生駒市・・・でも京都。ほんとに京都と奈良の境目です。
ペットがいると、やっぱりとても気がかりで、泊りがけでどこかに行くということは、なかなか出来ない。
だけど、今回の旅行は、正直ちょっと疲れすぎてしまっていた心を開放させるという意味でも本当に良かったと思う。
病気もある4匹のお世話にあけくれて、とっても疲れていた。
私がしっかりしなきゃと常に神経をとがらせて・・・・
だから、旅行など考えもしなかったのだけど、りぽりんのおかげで本当にリフレッシュできました。
勇気をだして良かった~♪♪♪
またいっぱい頑張れるパワーをいただきました~

b0128101_1247988.jpg

これは、トルコの有名な絵皿。
洞窟レストランの横にある信頼できるお店(偽物がかなり出回っているらしい)でほんの数分しかなかったのですが、どうしても欲しくて買っていただきました。
一番濃いブルーがトルコの海
2番目に濃いブルーがトルコの空
そして薄めのブルーがトルコ石の色
ひとめで魅せられてしまいました☆
b0128101_12473544.jpg

ビーズのお花やきらきらがいっぱいついたボールペンとハートの小物ケース
ふたつで10リラ、やす~い♪
あんまり可愛くて、おねだり~
b0128101_1248169.jpg

昔から大のランプ好き。
アンティークランプが好きなのだけど、ちょっとアンティークっぽかったのでイスタンブールで買ってもらいました。
キャンドルを入れて灯したら、きっと幻想的☆
ここでも時間がなくて、いっぱいある中からえっえらべない~!!!
せかされて、とにかく必死で選びました。
モスクでいっぱいのガラスランプが吊り下げられていたけれど、アンティークのガラスランプは私にとって本当に心揺るがす魅力あふれるものれす~

そして、今回トルコに行くと聞いたりぽりんの大学の先生が、わかりやすいトルコについて書かれた漫画の本を貸してくださったり、アロマ仲間のMさんもわざわざ浜松からトルコ語の本を送ってくださったり・・・
おかげで、ちょっと事前にお勉強もできて~
京都校のT先生からは、罪悪感でまだ煮え切らないでいるときに”大丈夫!!!行ってき~!!!”とぽんと肩をおしていただき、本当にいろんな方に助けられて、行かせていただくことができて感謝感謝です♪♪♪

旅はエネルギーの転換を起こすそうです。
そして、魂の休息・・・・
だから心と身体がとっても楽になるんです☆

ダーリンへ・・・連れて行ってくれてありがとう~
けしてひとりでは行けない私を遠くの国へ連れて行ってくれて本当にありがとう~

りぽりんへ・・・いっしょにいってくれてありがとう~
行く勇気をくれて本当にありがとう~
[PR]
by aromananairo | 2009-06-14 13:57 | おでかけ | Comments(4)

我が家のばんごはん

b0128101_14232631.jpg

ベジハムのガーリックソテー&きゅうり、トマトのサラダ
小松菜とベジ海老ボールとおお揚げの煮物
豆苗としめじの塩昆布炒め
b0128101_14235718.jpg

蓮根のベジコンビーフはさみ揚げ
にらともやしとしいたけの豆板醤炒め
水菜とトマト、きゅうりのチーズサラダ
えのきと豆腐と蓮根とわかめ(ダーリンはかまぼこ入り)のお味噌汁
b0128101_14241052.jpg

ベジ焼き餃子
トムヤンクン(豆腐、ほうれん草、えのき、ニラ)
レタス、トマト、スプラウトのサラダ
b0128101_14242260.jpg

山芋のオーブン焼き
ブロッコリーとトマトとソイセージの(ベジソーセージ)ガーリックサラダ
なす、にんじん、エリンギ、わかめ、ねぎのお味噌汁
しいらの香り焼き(ダーリン用)
高菜のお漬物
b0128101_14521357.jpg

野菜のチーズオーブン焼きバジル風味(玉ねぎ、じゃがいも、人参、茄子、トマト)
レタスとバジルとかいわれ、プチトマトのサラダ

こ~んな感じの我が家のばんごはん。
毎日たっぷりのサラダを必ずいただきます。もちろん今は家族全員はまっているオリーブオイル&バルサミコ酢で♪
すこ~しお塩を振りたいのですが、血圧の高いダーリンのためにいっしょに我慢~
私は素材だけの味が好きなので、我慢ってほどでもないのですが。
最近のメニューは、ゆりあ先生のブログから真似させていただいたりして、考えるのが楽チン♪
あんまり上手に盛り付けとか出来ないけれど・・・
バジルや大葉などちょっとしたものを育てていると、本当に便利で、ちょっと使いたい時にいいのよね。
もうすぐプチトマトやきゅうりやししとうなんかが出来るので楽しみです。
大体6時半から7時の間からしか夕食の用意を出来ないので、急いで作る。
7時半にはダーリンが帰ってくるから、いつもばたばた~
手際よく、ささっと作らないと間に合わない。
考えている余裕などないから、とりあえず冷蔵庫にあるものを出して、とりあえず切りながら考える(^_^;)
お買い物は週に一度なので、7日目なんか冷蔵庫はほとんど空っぽ・・
でも、工夫次第でなんとでもなります~
独身の頃からお皿やカップ類をずっと集めていたので食器はたくさん☆
コーヒーカップだけでも何セットあるだろう~10セット???くらいあるかな。もっとかな。ケーキ皿もその種類・・・ありすぎます~
でも好みが変わったりして、最近はお皿は信楽焼きの土臭い和皿がお気に入り。

~愛のエッセンスは最高の調味料~
アロマティックスローフードを美味しく作るコツ・・・
それは、心をこめてお料理、お米を研ぐ時もお野菜を切る時も、穏やかな優しい気持ちで愛をいっぱいこめて作ること・・・私もがんばってま~す♪
ちなみに・・・・写真はだいたい二人分・・・・りぽりんは帰りが遅いので別にとってあります。
どれだけダーリンは大食い・・・????
もちろん、ごはんは毎日カフェオレボール茶碗に大盛り!お漬物&鰹節&海苔をたっぷり食べます・・・
[PR]
by aromananairo | 2009-06-13 15:15 | あろま&くりすたる | Comments(0)

麗しのトルコ紀行 その5

b0128101_11422980.jpg

ラッキーその1☆
メラヴェーナ博物館で、結婚式の新郎新婦に出会えました~♪
まだ少女のような17,8歳位の女の子、トルコでは適齢期だそうです。
今は、都会では恋愛結婚も多くなっているそうですが、田舎の方ではほとんどがお見合い結婚。
トルコの結婚では、容姿はあまり問題ではなく、女の子の性格によって、そしてそれは家族や親戚によって相手を選ばれ、決められます。
そして、お見合いでは女の子の入れるチャイ(お茶)の入れ方がとても重要で、もしも女性がそのお見合い相手の男性を気に入らなければ2度目のチャイの中にお砂糖ではなく、お塩を入れるのです。そこで男性は自分がふられたことを知り、そのお見合いはなかったことになります。
だっ男性側に選ぶ権利はないのだろうか????
面白い話があって、一昔前の日本人を思わせるようなトルコ人の気質・・・
男の子がそろそろ年頃になって結婚したいな~と思ったら、けしてそれを言葉で家族に伝えてはいけなくて、それとなくお母さんの作る美味しいお料理をわざと残したり、夜遅く帰ってきたり、言葉数を減らして、反抗みたいなことをして、その意思を伝えるんですって。
ちょっと前までは屋根の上に登り、ねこのようにみゃ~みゃ~鳴いたそうです(^_^;)
おっおかしくない????大笑いしてしまいました~
はっきり言えばいいのに~うふふ~
そうすると、家族は悟り、家族や親戚が結婚相手を探し始めます。
女の子はというと、こちらもハッキリ言うのはとても失礼で、してはいけません。
お母さんのお手伝いをしてお料理を作りながら”死んだら自由になれるかしら・・・・”と溜息をつきます。
これが結婚したいという合図だそうです。
そっそっちのがよっぽど失礼~???(^_^;)
それで女の子の家族は屋根の上にあきびんを置きます。それが”ここに結婚したい娘がいる”という”しるし”なんだそうです。
それをみて男性側は結婚を申し込みにやってきます。
そして、めでたく結婚が決まっても、式をあげるまでは、デートも親戚中がついてきて、けしてふたりきりにさせないようにするんですって。
晴れの結婚式では花嫁はどんなに嬉しくてもけして笑ってはいけなくて、それはお母さんにとても失礼にあたるから・・・本当は幸せいっぱいでも、泣いて別れを悲しまなくてはいけないのです。
ほ~んと・・・なんだか昔の日本人気質似ていませんか~
b0128101_11424246.jpg

ラッキーその2☆
割礼の儀式中の男の子に出会えました。
私達を見て、立ち止まってポーズしてくれたんです~
お~喜ばしいことですが、これから痛い目にあうのね・・・ちょっぴりお気の毒・・・
でも男の子は、割礼が一生に3回あるうちのひとつめの大イベントで、(後のふたつは、軍隊に入ること(義務)そして結婚。)この豪華な晴れ姿が何よりも嬉しいことなのだそうです。
次の日には割礼パーティをしているところも見ることが出来ました。
b0128101_1142040.jpg

ラッキーその3☆
食事は、ありえないくらい私好みのものばかり!!!!
本当は食事は全てついていたのですが、ベジタリアンに対応してくださって、私とりぽりんは特別メニュー♪
トルコ料理はその種類のの多さで世界三大料理のひとつとなっています。
トルコ料理といえば、シシカバブとかキョフテとかお肉料理ばかりと思っていたので、食べられるものがないだろうな・・・と日本から梅干やら昆布やらいっぱい持っていったんだけど、全く!いりませんでした!!
ちょっとみなさんに不評なメニューが出たのだけど(全食事つきだったので選べません)、その時も私たちだけはとっても美味しいトルコ料理♪
他の方から私たちの食べているものの方がいい!!と言われたらしく、添乗員さんは慌てて、私たちがあらかじめベジ料理を頼んでおいたことをお伝えされてました(みなさん、ごめんなさい~)
いつもいつも大好きな野菜が本当にたくさんあって、バイキングでは4回位、サラダのおかわり~
スープもコンソメとか使ってなくて、お野菜のお味とたくさんのスパイスのみで作ります。その種類の豊富さにびっくり。とっても美味しいピクルスもこれでもかっ~というくらいいただきました~
大好きなチーズも常に5種類くらいあって種類豊富で、何個も何個もいただきました~
そして、とっても美味しいドライフルーツやナッツ類の数々・・・ピスタチオ、大好きなんです~
クランベリー、ラズベリー、ブルーベリー、アプリコット、いちじく・・・
これまた美味しすぎる濃厚ヨーグルトにたっぷりのドライフルーツとナッツとフルーツジャムをかけていただく。
ダーリンが”まるでゆかちゃんのためにあるような食事やな!!!!”と何度も連発していた。
我が家の朝食は、トースト、フルーツヨーグルト、そしてチーズにピーナツバターやチョコクリームまたはジャムをつけていただいているので、まさしく~完璧に私好みのありえないバイキングれす!
そして・・・いちじく・・・・・♪
それは最も私の好きな食べ物♪
アンタルヤは、いちじくが街の木で、この食べ放題状態に身も心もとろけてしまいました~
それから、本物のオリーブ油の味も知ってしまいました。
最近、アロマのゆりあ先生の真似をして、サラダにオリーブオイルとバルサミコ酢をかけて、毎日いただいているのですが、オリーブオイル全く別物です~
油というよりお水に近いさらさら~とってもとっても美味で、パンにもサラダにもこれだけで美味しい!
ちょっと高価だったけど、この味!!!家族ではまって即買いです。
b0128101_11501263.jpg

これは、”のび~るトルコアイス!”
一度食べてみたかったので、これまたすぐにゲット♪ヨーグルト味で美味しかった。
トルコのデザートは本当に甘すぎて、この大の甘党の私やりぽりんですら、ほとんど食べられません・・・
甘すぎ・・・です。
でも、ドライフルーツにナッツをはさんだ物(これはダーリンが超気に入って、たくさんたくさん買い込んで、でも旅行中に全部食べてしまいました)や、ロクム(トルコの有名なお菓子)ナッツの入ったチョコ(名前はわかりませんが、りぽりんと私ははまりまくり!!!)をバスの中でむしゃむしゃ♪
b0128101_1159312.jpg

ラッキーその4☆
ガイドのカデラさんが作ったトルコ地図。
観光するところをわかりやすく作ってくれました~
私達のバスは2号車。
1号車は36人くらい乗っていて満杯。
私達は24人と少なかったので、座席2つを一人が座れるという超ラッキー。だから足が楽です!
二組ほどは一人1席だったので、最初と最後の日以外は、みなさんに譲ってりぽりんとふたりで座りましたが、愛の貯金の解凍か!!!!
ありえません!!!
帰りの飛行機、ファーストクラスです!!!
いえ、もちろんエコノミーなんですが、タシケントで乗り換えた飛行機では私達の座席の前が全部あいていたのです。
イスタンブールからタシケントまで、しんどかったので・・・
飛行機、首がとっても痛くなって大変なのです。
なのでこのときは思わず遠慮なしに前の席をふたつゲットしてしまいました。つまり9人分の席を3人で使わせていただきました。
おかげでダーリンもりぽりんも私も、なんと枕2ついただいて、毛布3枚いただいて、なんと足をのばしてごろんと横になって爆睡して日本まで帰ってきたのれす!!!
ありえますか???これって♪♪♪
b0128101_11425334.jpg

前にも書いたけれど、子供達にに大もて~
みんな私たちを離してくれないのれす~
見学が出来ない~
でもとっても可愛くて、み~んな抱きしめちゃいました☆
b0128101_11583744.jpg

b0128101_1151576.jpg

ラッキーその5☆
大もてなのは子供達だけではなく、りぽりん、まるで芸能人状態。。。。。
どこにいても熱い男の子達の視線☆
なっなんで????不思議なくらい、りぽりんの周りにナイスガイが寄ってきてアピールしてきます!
最初に出会ったイケメン(ほんまにイケメンれした♪母やばい・・・あんな子がお婿さんになったら緊張する!)
りぽりんは気に入られ、いっしょに写真を撮り、バスを見送りにきてくれました~
笑いの止まらない単純りぽりん♪
でも手にキスされた時は”性的カルマが増える・・!”と”ふいていい??”と私の服でふいてました(こっこら!)
ちなみにわたくしも・・・・どこでもりぽりんと姉妹にに間違えられ~、親子というと信じられないとびっくりされました~るん
りぽりんに”いくつ~”と聞いた後、”あなたは~?”と聞いてくださる。
えっえっと・・・いうんれすかい?わたくしまで???”ふぉー・・ふぉー・・ふぉーてぃ・・・すっすりー・・・”何で言わなあかんねん・・・とどもっていると、ビックリ仰天されてしまいました~るん。
お世辞でもなんでも褒められるととっても嬉しいです!
b0128101_11544512.jpg

ラッキーその6☆
イスタンブールは、とても交通量が多く、ほんの10分で行ける所でも曜日や時間帯(朝と夕方)では2、3時間以上かかると言われ、月曜日の夕方にイスタンブールに入る予定だったのでガイドさんも心配されてたのだけれど、全く問題なし・・・スースー行けて本当にラッキー過ぎる~だったそうです。
おかげで食事後、ヨーロッパで一番大きいとされるデパートに家族で行けました。
お土産を買う時間が全くなく、最後の日の最後に行く場所、グランドバザールにかけていたのですが、やっぱり時間が足りなくて、ここでちょっとお菓子とか買えたので後になって本当に行っててよかったと思いました。
ラッキーその7☆
洞窟レストランで、みんなとお食事。
ここのテーブルに座ったメンバーは、和歌山、三重、大阪、京都、兵庫、広島とみんなバラバラところから来ていて、年齢も79歳のおばあちゃんから20歳のりぽりんまで・・・・み~んなとってもあたたかな優しい方達ばかり。
本当にごいっしょできてとても楽しかったです~
そして、なんといっても添乗員さんの小野さん。お優しいジェントルマン、あんなにお優しい添乗員さんは見たことがない~とみんな本当に喜んでいました、素晴らしく素敵な、本当にお優しい方でした。
ガイドのカデラさんも日本語ぺらぺらでバスの中でいっぱいトルコの国について教えてくださってとても勉強になりました☆
バスの運転手さんもあんな大型バスでものすごいスピードで、めちゃくちゃ運転がうまい!!
せまい道でもなんなく・・・・さすがプロ中のプロ!素晴らしかったです、長距離運転本当にありがとうございました~♪
[PR]
by aromananairo | 2009-06-11 13:29 | おでかけ | Comments(2)

麗しのトルコ紀行  その4

ロマンチックなエーゲ海。
テレビや映画で観るエーゲ海・・・
遠い遠い無縁のところだと思っていました。
まさかまさかエーゲ海に来れるなんて~
夢のようです☆☆☆
b0128101_16514533.jpg

トルコはエーゲ海、黒海、そして地中海と3つの海に囲まれた国。
エーゲ海というとギリシャ。。。というイメージが強かったのですが、トルコからだってエーゲ海ですわよねん。
b0128101_1713623.jpg

アイワルクにあるエーゲ海に面したリゾートホテル。海風に吹かれながら夕食までゆっくりお散歩。
は~♪ロマンチックです。
同じツアーで参加された方の一人は、真剣にここに別荘を買おうか悩んでいらっしゃいました。
それにしても、今回参加された皆様・・・セレブで☆
途中に寄った絨毯、皮製品、トルコ石のお店。
それなりのお値段・・・のものをほとんど皆様ご購入~されてました~
リッチー!!☆羨ましい限りです~
もちろん、家には絨毯はいくら素敵な物でもわんたちにあっという間に汚されるので必要ないし、皮のコートもとってもかっこよくて素敵ですが、私は皮の臭いが全く駄目・・・・
頭痛がして吐き気がしてしまいます・・・
トルコ石は、ちょっぴり心が動かされてしまったのだけれど・・・アンティックトルコ石・・・かなり揺れました。
たくさんのトルコ石の中でたったひとつだけとても魅せられた石がありました。
でも、それはもちろんお値段がとっても高かったのもありますが、石の魅力と共にいろんな意味で怖さも知っているので、安易に石(宝石)を購入することが出来ません。
愛の中できちんと浄化された素晴らしいクリスタル達をを知っているから・・・
でもでも、本当にそのブルーがなんとも言えない美しいトルコ石・・・私もダーリンも大好きな石。
素敵でした~
お家で眠っているトルコ石のお花のピアスとペンダント、それから百合のお花の形をしたトルコ石と白蝶貝の指輪・・・またつけてみたくなりました~♪

そして、最終日はボスフォラス海峡クルーズのオプションには参加せずに、イスタンブール散策へ行きました。
同じツアーの方二人がいっしょに行きたいと言われたので5人でイスタンブール街を楽しみました。
b0128101_1640774.jpg

ヨーロッパサイドの旧市街の方の路面電車はノスタルジックで、アジアサイドの新市街の無機質な電車に比べると断然絵になる~
b0128101_16404044.jpg

フランス通りと呼ばれる通り・・・
ヨーロッパ風の建物が多くステキでした。
b0128101_16433917.jpg

ガラタ塔
イスタンブール市街を360度見渡せるという、ガイドさんに教えてもらったステキな場所。
b0128101_16414626.jpg

ガラタ塔の頂上からイスタンブールを一望。
映っているのはボスフォラス海峡。
トルコのヨーロッパ部分3%とアジア部分97%を隔てる海峡で、北は黒海、南はマルマラ海で、マルマラ海とエーゲ海を繋ぐダーダネルス海峡とあわせて黒海と地中海を結ぶ海上交通の要衝している海峡です。
b0128101_1642429.jpg

ここではじめて念願のトルココーヒーを飲みました。
日本人は甘さをミドルに・・・と言われていましたが、それでもあっ甘かった~
ちょっとバリコピ(バリの粉のコーヒー)にお味が似ているような???
異国情緒あふれるイスタンブールで飲めてし・あ・わ・せ♪
トルココーヒーは3分の2飲んで、後は残すのだけど、その残りかす?で占いをするのだという。
コーヒー占い・・・何を占うんだろうね~
[PR]
by aromananairo | 2009-06-07 17:47 | おでかけ | Comments(2)

トルコ紀行 その3

b0128101_14374225.jpg

初日に行ったイスタンブール歴史観光地区にあるトプカプ宮殿。15世紀中頃から19世紀中頃までオスマン帝国の君主が居住した宮殿で、旧市街のある半島の先端部分、三方をボスポラス海峡とマルマラ海、金角湾に囲まれた丘の上に位置する。
私達はとってもラッキーなことにいつもはその観光客に多さでほとんど入ることの出来ない宝物殿へも難なく入ることが出来、ゆっくりとオスマントルコ時代の素晴らしい宝石を見学することができた。
ガイドさんは、こんなことはありえない・・・ととても驚いていた。
フェリーで一日に6000人もの人が一度にここへ来ることが多く、あなた達は本当にラッキー☆と何度も何度も言われてました~エンジェルパワーだと☆
いえいえ~アロマパワーかも~♪るん
b0128101_1437591.jpg

b0128101_1682879.jpg

b0128101_14381570.jpg

トプカプ宮殿から望むマルマラ海、海のブルーと空のブルーのコントラストがたまりましぇん。
b0128101_14514848.jpg
世界で最も美しいモスク☆ブルーモスク
b0128101_1452334.jpg
b0128101_1447873.jpg

b0128101_16275214.jpg
ブルーモスクの中は本当に神秘的なステンドグラス&タイル&ランプに覆われて、幻想的な雰囲気でした。世界で唯一優美な6本のミナレットと直径27.5mの大ドームをもち、ドームには、数万枚のイズニク製の青い装飾タイルやステンドグラスで彩られ、このタイルが通称「ブルーモスク」と呼ばれている所以だそうです。
ほの暗いモスク内部には、無数のグラスランプが吊り下げられ、また、ドームの窓には美しいステンドグラスがはめられ、まるで光の競演です。
b0128101_1456629.jpg
b0128101_1456273.jpg

ルステムパシャモスクの中
イズニックブルーのとても美しいイズニックタイルが印象的でした。、そのタイルには花がたくさん描かれ、特にトルコの国花のチューリップが多かった。
団体旅行で大勢の女性がいたのに何故か私とりぽりんだけが、この白い布を被る様にと渡されました。
イスラム教の女性たちは、髪をストールのような布で見えないようにくるみ、身体をすっぽり覆うような衣類をまとっています。
それにしても何故私たちだけ????
b0128101_1574057.jpg
コンヤにある旋回舞踊で知られるメブラーナ教の☆メブラーナ博物館。
イスラム教の一派で音楽と踊りによって神と一体化することを目指すメブラーナ教。博物館の内部にはメブラーナの棺や遺品、マホメットのあごひげなどが展示されていて、写真は禁止されていてその厳かな風景を写せなかったのが残念なのだけど、熱心な信者達が後を絶たず訪れて、ここはまたちょっと他のモスクとは違った印象を受けたのは、その多くの信者達に囲まれていたからかも・・・
何故かここでは涙があふれてきました・・・・
b0128101_15414314.jpg

[PR]
by aromananairo | 2009-06-07 16:30 | おでかけ | Comments(0)

京都・奈良の境、精華町にあるアロマセラピースクール&サロン      ゆかりんのなないろページ♪


by aromananairo
プロフィールを見る
画像一覧