ハーブティ

b0128101_146792.jpg毎日いただいているハーブティ。
その日の気分で、またはその時の身体の症状に必要なハーブを選んで入れる。
両親が大のコーヒー党だった影響で、私も小さいときから大のコーヒー好き。
紅茶は1年に一度ぐらいしか飲まない。
なので最初はハーブティが身体にいいことはわかっていても、どうも何か物足りなくてあまり好きではなかった。
でも、ある時から大好きな飲み物になった。
身体にとても優しくて・・・
飲めば飲むほど身体が癒されていく・・・
その感覚を味わった日から、このハーブティが手放せなくなってしまった。
暑い夏の間は、ペパーミントがお気に入り。くせのないラズベリーリーフを少し混ぜて・・・目にとてもいいハーブなので欠かせない。
集中して仕事をしたい時や何となくだるい時に気分がしゃき~んとする。
バドにはローズヒップとハイビスカスをブレンドしてビタミンCたっぷりの綺麗な赤のハーブティをもっていく。
ちょっとリラックスしたい午後のアフタヌーンティーはカモミールで。
優しい味を身体にゆっくりと浸透させながら、パソコンタイムb0128101_1463189.jpg
ケヤキのパソコンデスクはノートパソコンにちょうどいい大きさにダーリンが随分昔作ってくれた。長い時は一日に7時間ぐらいパソコンに向かう日もあった。
今はなるべく時間を決めて最小限にとめているのだけど、それでも2時間ぐらいはあっという間に過ぎてしまう。
だから電磁場の影響を減らすために、お部屋に精油をたいて、パソコンの近くにおだやかクォーツを置いて(電磁場にとてもいいクリスタルです~)
それだけで身体の疲れ方が随分と違う。
人や場所や物の影響を受けやすい私・・・
たくさんのツールに守られて、そしてもちろん意識を変える事で、随分と楽になってきた。
以前は、人がたくさんいる中でふらふらになる自分をとても責めていた。
一時はひとりで電車に乗ることも出来なくなって、歩くときもいつも早足で誰にも見つからないように歩いていた私。
純粋な部分が強かった時、たくさん傷ついて、生きることはとても辛かった。

癒しはまずは自分を知ることから・・・
そして、そんな自分を受け入れることから・・・
そして、自分で自分を包んでいくこと・・・

今はありのままの自分でいいと思えるようになった。
純粋な部分がいっぱいある自分を愛しいと思えるようになった。
その部分を知られたくなくてわざと元気に取り繕うこと・・・もう必要ない・・・
ありのままで・・・
[PR]
# by aromananairo | 2008-09-07 14:55 | 菜々色日記 | Comments(0)

飛騨の家具展示会 

9月3日火曜から4日水曜にかけて、毎年行われる飛騨高山の家具展示会にダーリンと行ってきた。
31日の土曜日に案内状を持ってきてくださったので、そこから私の仕事の交代、ペットシッターの手配、宿泊先の手配等、予定がぎっしりつまっていたので本当に慌しく準備に追われた。
りぽりんはちょうど3泊4日の沖縄旅行中・・・
ファビたちのことが心配で不安であまり眠れなかったのだけど、いろんなことを信じて、心配や不安を手放す努力をした。

b0128101_15362014.jpg3日は、京都から4時間弱・・・行ってみたかった白川郷に立ち寄って茅葺の趣のある風情を楽しんだ。
輸入住宅も大好きだけど、昔ながらの茅葺や土間、薄暗い障子に囲まれた部屋や黒光した廊下、間隔の狭い階段、縁側の木の枠でできた格子窓からみえる小さな中庭・・・
その全てがとても懐かしく心がほっと休まる。
あまり時間がなくてゆっくりは出来なかったのだけれど、懐かしい香りに包まれたひとときだった。
その日は取引先の材木やさんでのお仕事を終えて、宿泊先の本陣平野屋へ向かった。
とってもラッキーで土曜にネットで探している時にはなかったプランが日曜に新たにアップされていて、いい夫婦プランで格安に泊まらせていただくことができた~
お食事も質、量ともダーリン大満足のお部屋食、ポストカードを撮っていただいたり、マッサージチェアのサービスがあったり、お揃いの焼き物のカップまでいただいちゃいました~
b0128101_1537457.jpg
次の日はいよいよ展示会。
でもその前にあちらこちらのショールームを回らせていただいて、ご挨拶&商談のお供。
もともと家具にとても興味があって、輸入家具の商社で働いていたこともあったため、ダーリンのお供は苦にならない。
いろいろと相談してくれるので、女性としての私の感性だけで思いつきのまま選び、自分の考えと私の意見を上手に組み合わせて素敵な新商品をゲットしたようだった。

二人の意見が一致した時は、大体なんでもうまくいく。
もちろん寄り添うことはとても大切だけれど、私たちはお互いの意見を必ず聞くようにしている。
以前は何でも自分ひとりで決めていたダーリン。
相談ごとなどなかった。
どこへでもひとりででかけていた。
そして私も、お買い物する時もひとりで決めたり、ダーリンの承諾を得てからなんていうしおらしいところは微塵もなかった。
それが今は二人とも成長して、お互いの感覚を確かめ合ってから行動に移すことがとても多くなった。
b0128101_15384513.jpgそのおかげが、どの会社の方もとても親切で”え~本当にいいんですか???”というようなことをしてくださったり、とにかく信じられないような待遇を受けたり、本当にとてもとてもよくしてくださった。
おかげさまで、夫婦ともどもとても感謝しております~
助かりました~
ありがとうございました~♪
あ~やっぱり夫婦仲良くひとつになっていくということは、今更ながらとても大切なことだとしみじみ思う。
目に見えないエネルギー、取り繕っていてもそれは確実に周りに伝わる。
自分の放つエネルギーが素晴らしければ、素晴らしい人との出会いが必ずあって、流れがとてもスムーズにいい方向に流れていく。

ダーリンのお仕事も私のアロマのお仕事も人との関わりの中で、自分たちのもつエネルギーに責任がある。
無垢の板、精油、どちらも大いなる自然からの贈り物・・・
それを最大限そのままの純粋な状態でお渡しする事が出来るよう、あるいはそのエネルギーを最大限に生かしてお伝えさせていただけるよう、仲良く仲良く夫婦仲良くこれからもたくさん努力しなくちゃ~
b0128101_16345362.jpg
ファビたちもみんな元気に無事迎えてくれました~(ほっ)
ビオラは絶食状態でストライキしてたけど、抱っこして頭をなでなでしているうちに安心して眠りだした。
みんなお留守番ご苦労様~
一晩いっしょにいなかっただけでも、あなたたちの存在が身にしみるわ☆
いてくれるだけでどれだけ幸せか・・・しみじみ・・・
[PR]
# by aromananairo | 2008-09-06 15:30 | おでかけ | Comments(2)

京都オープン

昨日、京都の府立体育館でバドの京都オープンが行われた。
私達のクラブも参加させていただいて、東は静岡から西は大分からたくさんの方達が参加されていた。
京都オープンは1部リーグから4部リーグに別れていて、いつもは3部リーグで出場していたが、今年は2部で参加することになっていた。
3部から2部にあがったので、もちろん強豪相手ばかり・・・まあ練習になっていいか~ぐらいの軽い気持ちだったのだけれど、2部Aゾーンで優勝しちゃいました~♪
朝7時半前に家を出て、(府立体育館まで、道がすいていても1時間ちょっとかかるので)3試合・・・全勝!
帰りは、ダーリンの許可を得て夜10時半までの楽しい+ちょっと?かなりお疲れの一日だった。暑い体育館の中に10時間近くいたからね~
夜にどこかに出かけることは実はとても苦手・・
子供が小さい時は気になるし、子供が大きくなった今はわんにゃんのことがとても気になる。
4匹のお世話をダーリン一人におまかせするのが申し訳なくて、夜に家をあけることは滅多にというか、ないに等しい。
だけど、昨日は優勝しちゃったんだもん~
帰り道にある鎌倉パスタで、夕食を食べて帰ってきたよん。帰りは10時半になってしまったけど・・・

一日でものすご~い汗、汗、汗・・・
組んでくださったペアの**さんは、最後の試合の時、私の全身から出るつぶの汗と体力限界のふらふら状態で最後のサーブする時、その気力だけのあまりのすごさに後ろで笑いをこらえてたらしい。
もう~ほんま酸欠状態でしたわ~

そして、もうひとつ笑えるのが、チームの中の一人は、試合になると目が爛々としてくる。
ものすごい闘志を感じる。
コートの中でまるで水を得た魚のように自由にやりたい放題^_^;動き回る彼女にあだ名をつけた!
”ちえ” あのじゃりんこちえにそっくりだったのだ。
あ~面白かった。
みんな本当にバドが好きなんだな~
私はふらふらだったけど、全然大丈夫っていうメンバーに”もう~どんな体力しとんねん・・・”
と思ったけど、やっぱりみ~んないっぱい日々努力してるのよね。
肘や膝や足首や、ハードなスポーツなのでみんなそれぞれの故障があるけど・・・楽しくひとつづつ努力を重ねてうまくなれるといいな。
解散した後、ちえからメールがきた。
”また明日頑張って練習しましょうね!”と・・・・
は~????
さすがちえ~!!!
リーグが近いのでみんな燃えてるんだけど、やっぱり次の日も練習しますか~
ひぇ~・・・・
ほんまどんな体力やね~ん!
といいながら、必死についていく私でした。

優勝写真撮っていただいたので、いただいたらアップしま~す♪


この1週間、とっても忙しかったけれど、明日からもちょっとハードな日々がまだまだ続くけれど、わくわくと楽しみながら過ごしていけることに感謝~
土曜日にはじめてトリートメントにきてくださった**さん、そして今日、1dayレッスンにきてくださった**さん、お会いできて嬉しかったです。
意味のある方と出会わせていただいて、そしてアロマをお伝えすることができて、深く深く感謝させていただいています。
素敵な時間をありがとうございました~♪
[PR]
# by aromananairo | 2008-09-01 18:27 | 菜々色日記 | Comments(0)

お気に入りのパウダールーム

b0128101_13352530.jpgお気に入りのパウダールーム。
今、最も気に入っている色がグレーがかったグリーン。
他に表現するなら、う~んペパーミントのくすんだ色?絵の具で作るならグリーンとグレーを混ぜたらできるのかしらん。
なぜか最近はこの色に魅かれて、トリートメントのメニュー表に使ったりしていた。
ふっと見ると、我が家のパウダールームはこのグリーンとオフホワイトのストライプ花模様。
あれ~前から好きだったのかな~
家を建てるときに1階は土佐漆喰にしたのだけど、コストダウンのために2階とトイレやパウダールームは壁紙にした。
何冊もの分厚い見本の中から一生懸命選んだ。
全部私にまかせてくれたダーリンだったが、この壁紙だけは”えっ~!!”と少し反対されてしまった。”がちゃがちゃするんちゃう?”というのが理由だった。
でも、もうイメージが頭の中で出来ていたので、”大丈夫~絶対可愛くなるから~”と強引に決めた。
ほら~やっぱり可愛い!!!大満足の私。
この壁紙にあわせて、鏡を探しに行ったら、思わぬところでしかも一回でこんな素敵な鏡とめぐり合えた。3面鏡になっていて便利だし、こんな素敵な鏡見たことある~?ほど気に入っている。
そしてイメージピッタリのオレンジががったピンクの花柄のはぎれ布地をカーテンやさんでいただいたので作ったら。これまたジャストフィットなり~・・・大好きな小さな空間・・・

b0128101_13355161.jpg春頃、お買い物の途中で、大好きなローラアシュレイにふっと立ち寄ったら、なんとなんと我が家のパウダールームにぴったりのハンドソープ入れとコップと小物入れがあった。
おんなじ色だ~!と嬉しくなって衝動買いしちゃったのら。
ちょうどダーリンがハンドソープ入れを割ってしまってなかったので、よかった~
小さな小物入れは、お風呂に入るとき、ジュエリーやスーパーセブンを外すから、なくさないように入れておく。
b0128101_1336334.jpg
こちらは洗濯機の上の空きスペースに棚を作っていただいていたので(我が家は乾燥機は買ったことがないのでデッドスペースになる)せっけんとかネットとかをいただきもののかごに上手にわけて見せる収納を楽しんでいる。
あっ木のトナカイさんはダーリンの手作り、可愛いからここに飾っている。

この小さな場所に、実はファビ&ドロのケア用品、お水からバケツいっぱいのぞうきん、おしっこシートまでひいているのでちょっと、いやかなりイメージダウンしたけど、仕方ないよね~
あ~でも2匹がお気に入りの壁紙を今日もがりがり・・・
パインの木の扉もがりがり・・・
すごい傷です・・・家中・・・がくっ020.gif
[PR]
# by aromananairo | 2008-08-24 14:15 | おうち&がーでん | Comments(2)

大切な命

b0128101_14525138.jpg
今週のシャンプーカットはドロちゃんの番。
3月に左側の乳腺腫瘍の手術のために、つんつるてんの別犬に刈り上げてからようやく元のふわふわドロちゃんに戻っていて、背中の毛もしっぽもくるくるふわふわで本当に可愛らしかった。優雅なコッカーカットとはまた別のトイプードルっぽいキュートさにのびていたのだけど、やっぱりすっきりとコッカーカットした。脚の毛はまだ伸びきっていないので、ちょっとバランスはよくないんだけど、ロングコートの手入れは本当に大変なのでこのくらいが楽でいいかな~
ほんのちょっとだけ刈るつもりが、洗面所(いつもトリミングする場所)は毛だらけ~
ドロちゃんはすごい毛量なので、恐ろしいくらいの毛が散乱した。
バリカンもめちゃくちゃ熱くなって、これ以上持っていられない~という時に自己流カットは終了~
まだ右側に腫瘍が残っているため、またつるつるてんに刈らないといけないかもしれない。
だけどしばらくは可哀想でちょっと手術の勇気が出ない・・・
このまま温存療法でいけるといいのだけど・・・
b0128101_14523811.jpg
仲良しファー君とドロちゃん、おやつをおねだり中。
外見とはかけ離れたものすごい卑しさを持つ2匹、昨日もファビにダーリンのために焼いたさばを食べられてしまった。
大体、ファビがテーブルから盗み、それをドロが横から横取りバターン。
ファビ君、今緑内障の治療中・・・
右目が光を失ってしまった・・・
とても落ち込んでいる私を励ますかのように、前と変わらず元気でいっぱい悪さをしてくれる。
ファビの精一杯の優しさなのだと思う。
ほんの少しでもいいから光が残っているといいのだけど・・・
b0128101_14532327.jpg
びーちゃんは、最近日課のように寝る前に私のベッドにぴょんとのって、しばらく私の腕枕で休んだ後、自分のお布団へと戻っていく。
保護したときより一回り大きくなってもう重いのだけど、やっぱり可愛くてすぐに抱っこしてしまう。


一昨日、”動物を保護するために保健所に行く勇気があるかどうか”ダーリンと話していたのだけど、ふたりともそれは出来ないとう意見だった。
悲しくてそこにいる動物たちを想像するだけでも目に涙がたまる。
その中から1匹だけを引き取るということは今の私たちには出来ないだろうなと・・・
たった1匹でも助けられたら、それが私たちにとってベストなんだけど、未熟な私たちはきっと他の子達の目を忘れられないで悲しみが残るだろう。
だけど、たったひとりでも、たった一家族でも、その選択をしてくれる人がいたら、そのたった一つの勇気が広がれば、悲しい目をした子達は救われる時がくるかもしれない。

我が家もファビとドロはペットショップで買ったわんちゃん。
ビオラとバニラが保護した子。
どちらも大切でどの子も同じ。
保護した子たちは、傷が深い分、少し時間がかかるかもしれないけれど、そして最初は少し大変かもしれないけれど・・・
必ずそれ以上の愛しさが自分の中からわきでてきて、なんともいえない感覚に包まれるから。
是非是非ためしてみて~
もちろん、赤ちゃんの頃から大切に育てた子もまた格別なんですけどね~

ビオラとバニラ以外にも以前ねこちゃんとわんちゃんを保護したことがある。
みーちゃんと名づけたねこちゃんはまだ生まれたばかりの子だったので、病院に連れて行ったけれど1週間で亡くなってしまった。とても小さな小さな可愛らしい子だった。20年ぐらい前のことだけど、あの小さな泣き声をはっきり覚えている。
ベティと名づけたトイプードルもどきの子は、2週間後に飼い主さんが見つかって返した後に亡くなったと知った。本当の名前もベティだった・・・
今はドロちゃんの中にその子の魂がいるような気がしてならない。
b0128101_14534533.jpg

動物も人間も変わらぬ命・・・
人間が優しさをもっと思い出して・・・
可哀相な動物たちが少しでもへりますように・・・
[PR]
# by aromananairo | 2008-08-23 15:57 | わんこ&にゃん | Comments(2)

京都・奈良の境、精華町にあるアロマセラピースクール&サロン      ゆかりんのなないろページ♪


by aromananairo
プロフィールを見る
画像一覧