人気ブログランキング |

b0128101_1637856.jpg
暑い!暑い!暑い!毎日と~っても暑くて、汗かきの私は常に汗だらだら・・・ってかんじだけど、家の中は超快適~♪
我が家はセントラルヒーティングを入れているので、設定した温度が一日中快適に保たれる。
朝起きる時間、外出する時間、帰宅時間、睡眠時間の4回、それぞれ時間と温度を1週間プログラミングする。
面倒くさいので大体の時間を設定したままだけど、外出する時間になり温度が少し高めになったとしても、プログラムとは別に手動で温度を下げることができるので、とても便利。
家中、リビングもダイニングも吹き抜けも玄関もどこもおんなじ温度。
冬場に寒くて布団からでられない~という悩みもお風呂に入るときに脱ぐのが寒いとかそういうのもないから快適快適~
夏は玄関をあけるとすぐにひんやりして、眠っている時に暑くて目が覚めたり、外のせみや新聞配達さんの音で目が覚めることもない。
本当にありがたい~♪
実はこのシステムを入れると決めたのは、9年前に家を建てる時(途中からは大きなダクトを家中に通し、屋根裏部屋がいるので後からとりつけることはできない)
輸入住宅のメープルから説明を聞いた時、ふたりとも即決した。
b0128101_16373734.jpg

それは・・・2つの理由があった。

一番の理由・・・ファビのため♪
ファビは、ペットショップから家に来た時、致死率のとても高いバルボウイルスにかかっていた。
もちろんそんなことは知らなかったのだけど、ごはんを食べなかったのですぐに病院に行くとそう説明された。
そして、ペットショップの方は、他のわんと交換しますと伝えてくださった。
でもたった2日間だったけど、一緒に過ごして情が完全に移った可愛いファビ以外の子を迎えるなんてことは考えられなかった。
何とかして助けたかった。
当時、枚方に住んでいて、高槻の専門の先生のところまで往復2時間かけて入院しているファビの様子を見にいった。面会はたった10分ほどだったけど、それでも抱きしめて回復を願った。
致死率がとても高いこの病気のため、助かる可能性は非常に低いと言われていたのに、先生のおかげで10日間入院して無事治ったのだった。(さすが名医~)
そして、体力を落とさないように、水ではなくポカリスウェットをあげたり、大好きなメロンやぶどうを食べさせたり、お散歩も抱っこしながら行き(散歩の意味ない?)目の中に入れても痛くないほど本当に大事に大事にしていた。
なんと私は離乳食つくりのためと暑い部屋にこの子をおいておけないためにお仕事も辞めてしまった。
だから家を建てる時、ずっとこの子が快適に住めるように。。。
仕事で留守にしていてもけして体力を落とすことがないように。。。
b0128101_16374910.jpg二つ目の理由は音。
私は目はとても悪いんだけど、その分、嗅覚と聴覚がとても発達している。
以前のお家の斜め向かいに5000坪のお屋敷があって、(何でこんなに広いんだ!)
そこのお庭の蝉の合唱のすごいこと!すごいこと!
朝早くから”しゃんしゃんしゃん!!!!”のものすごい泣き声とそしてもう少し離れたところのお家が鶏(うこっけい)を飼っていて、まだ暗いうちから”こけこっこー!”と2羽が交互に合唱するのだ。この鶏は朝だけでなく昼間もずっと鳴き通し・・・・
当然、窓をあけているとこの二つの音で私の耳はつぶれそう~
ストレス全開・・・・
そして、音に敏感な私は、ほんの少しの物音でも目が覚める。
暑さにも弱いので、もう完全な睡眠不足で身体が悲鳴をあげていた。
新しいお家に移ったらぐっすり眠りたかった。
b0128101_16375833.jpg
昨年、メンテナンス契約をしたので、その代金などはかかるけど、電気代も思ったよりも高くなく
お家でお留守番しているワンニャン達の心配をしなくていいからgood!
ファビとドロは玄関付近、ビオラは2階の私たちの部屋か階段、バニラはアロマ部屋とそれぞれ居る場所が違うので、この空調を入れていて本当に良かったとつくづく思う今日この頃。
ありがたいな~
わんにゃんは極楽極楽~♪
ダーリンと私は汗だく~(笑)
b0128101_16384486.jpg
夜、アンティークランプの薄暗いロマンチックな光だけにして、ワインを片手にジャズやボサノバを聴く・・・
癒しの時間~
なんて、我が家はそんな余裕ございません~
お留守番組みわんにゃんたちのあつあつらぶコール&いたずら&そそうにふりまわされております044.gif
それでもたま~にプチカフェ&プチセレブ気分を味わって幸せな時間を過ごす。
あ~ありがたい、ありがたい~
by aromananairo | 2008-07-26 18:04 | おうち&がーでん | Comments(0)