人気ブログランキング |

2011年 01月 09日 ( 1 )

魂たちの深き旅☆

b0128101_16481042.jpg

冬の午後の日差しはとてもやわらかくて・・・・・
b0128101_16481846.jpg

11月に行われた定例会☆テーマは過去生療法のDVDをようやく観ることができました☆☆☆
私にとって完全保存版☆☆☆となってしまった本当に果てしない癒しの詰まった内容でした☆
いろんな生を何度も何度も転生して生きてきて・・・
人間は未熟だから、生きているとたくさんのカルマを作ってしまって・・・
またそのカルマの解消のために”今生こそは・・・”と自分で決めて生まれ変わってきて・・・
愛し合うために生まれてきた☆☆☆
ただ・・・
それだけなのに☆
そして許しあうために☆
自分の魂の目的は”愛を思い出すこと”
どんな出来事も、どんな辛い悲しいことがあったとしても、どんなひどい言葉を言われたとしても、全部”愛”だと自分こそが想い出して受け止めていくこと☆
本当にそれだけ☆☆☆それが全ての人の魂の目的☆☆☆

全てをそのせいにしてはいけませんが、今生、どうしてもクリアできない感情☆それは過去生からきているものがあるのです。
どうしても苦手な人だったり、行きたくない場所だったり、自分の性格だったり・・・
それが紐解かれて・・・真実を素直に受け止めていくことで、真のやすらぎ☆真の癒しがあるのでしょうね☆☆☆
そして、すべての出来事は必ず意味があって、全部愛の中で起きているという事実
想い出したもんがち~♪♪♪
誰かのせいにしているうちは、けして癒されることがない・・・ということ

私も今まで3度の過去生をゆりあ先生から受けさせていただけて、どれだけ癒されてきたでしょう☆
まだまだ未熟なので、さまざまなトラップにはまりまくり・・・なのですが・・・・
一昨日よりも昨日・・・昨日よりも今日・・・
少しづつ、確実に魂は成長している☆のだから、もっともっといっぱいそんな自分を認めて、自分をいっぱいいっぱい抱きしめたくなりました~
”ゆかり~ん☆ほ~んと頑張ってきたよね~☆☆☆いっぱ~い頑張ってるよね~☆☆☆”って
マイナスもたれたらもちかえす・・・そんな私も可愛い~
でも、ちょっとづつ・・・ちょっとづつ・・・回数減らそうね~♪♪♪    なんて・・・

そうしたら、胸がぽかぽか~♪
まるでわんにゃんを抱っこしているときのように・・・・あたたか~な感覚☆☆☆につつまれて、この感覚をいつも忘れずにいたいなと思います。
落っこちそうになったら、”あれも愛♪これも愛♪多分愛♪きっと愛♪”と(昨日に引き続き古くてごめんなさい(^_^.))と心の中でリフレインして、魂の感覚を思い出しましょう~っと♪
b0128101_16482389.jpg

なんでこんな模様になるのか、いつも不思議なのですが・・・・
2階のFIX窓からの光がこんな風に浮かび上がるんです~☆
b0128101_16483363.jpg

またまたお昼寝中ふぁーくんとどろちゃん
どろちゃんは、あんまり毛布の上で寝なくて、ふぁーくんは寒がりなので必ず毛布の上です☆
おんなじ格好で寝てる~♪♪♪
怪しいふぁーくん☆スヌードつけて服着て完全武装してます(^_^.)
過去生では、私の子供だったこの子たち☆☆☆
今生もそばにきてくれて、いっしょにいてくれて、この奇跡にただただ感謝しかありません☆
一日でも長く・・・そばに・・・
b0128101_16484217.jpg

昨日のばんごはん
湯豆腐(白菜、大根、ほうれん草入り)
ポテトのアンチョビのせソテーハーブソルト&パセリ風味
ソイミートの変わりチンジャオロース
ピーマンがなかったのでパプリカで代用、青みが欲しかったので豆苗もいっしょに、片栗粉がなくて小麦粉で(^_^.)ついでに豆板醤や酢も加えて変わりチンジャオロースになりました。
母の作ったこんなに美味しくできるの???というくらい美味しい黒豆&おつけもの
滋賀名物赤いこんにゃくの煮物

滋賀では、こんにゃくと言えば赤!近江八幡こんにゃくですね~
こりこりっと歯ごたえがよくて、本当に美味しいのです~♪
子供の時から大好物で、他の地域では売ってないのですが、りぽりんも私が昔からよく作るので大好物で、なので母がよく送ってくれたり、帰省した時に大量に買っておいてくれます。
お参り(法事)などになると、大抵どこの家でも、それをなぜか三角に薄く切って赤唐辛子を入れてたく(煮る)のですが、これがあるから子供の時、法事が楽しみでした~
だから祖母について回って、どこでもお参りについて行く近所で評判のおりこうさんなのでした~
田舎なのでお参りのあとに必ずごちそうが振る舞われたのでした(今はないのかな?)
by aromananairo | 2011-01-09 17:35 | あろま&くりすたる | Comments(0)