人気ブログランキング |

2019年 04月 21日 ( 1 )

b0128101_12352683.jpg

可愛い可愛いviolaが、昨日4月20日虹の橋を渡りました。
雲一つない、とても綺麗な・・とても透明な薄青の空の日に☆

b0128101_12350930.jpg

お庭のお花を摘んできて・・・
たくさんのお花に囲まれて美しいviola姫の旅立ちです。


b0128101_12373245.jpg
violaが我が家にきたのは、平成18年11月19日
11月12日に直の3回忌のためのお菓子を買いにスーパーに行き、買ったものを袋に詰めて帰ろうとした時に、ふっと”里親募集”と壁に貼られている1枚のわんちゃんの写真を見つけてしまいました。
当時、ヘビメタ世界級の本当にお世話のかかりすぎる、世界一可愛いおバカ犬ペアのアメリカンコッカー2匹がいて、毎日大変過ぎる日々を送っていたので、それ以上のわんこを飼うなんてありえない考えられない状況だったのですが

1週間しか猶予がなく、保健所に連れて行かれることが書いていて、いてもたたってもいられなくなり、そこに書いている連絡先にその場で電話をしてしまったのでした。

そして、飼うことはけしてできないのだけれど、保健所に連れていくことだけは絶対に嫌で、せめて里親さんが見つかるまで預からせていただけたら・・と
ダーリンを説得して、家の中は無理なので外か、BUFFか・・とにかくとにかく何とかしたい・・とお願いして、怒るダーリン(本当に無理な状況だったので)もしぶしぶ受け入れてくれて
19日の日にボランティアの方に奈良のviolaがいる倒産して誰もいなくなった工場があるところまで案内していただきました。

車を降りると、violaが一目散に汚いぼろぼろの犬小屋から出てきて、尻尾を振って駆け寄ってきました。
ボランティアの方はとてもびっくりされて
いつもボランティアの方が行かれてもviolaは警戒してけして寄ってこなくて
おやつと”お散歩いこ!”とリードを見せて、それでもしばらくしないと絶対に来ないのに
春にその工場がつぶれて、violaはそこにたったひとりで取り残され、連絡を受けて夏から来ているけれど、こんなことは初めてだと・・・
本当にびっくりされて

violaを見た途端、可愛くて可愛くて・・
半年以上、屋根もないふきっさらしのぼろぼろのところで、雨が降ればずぶぬれに濡れて、ごはんもお水もなくて・・その年は酷暑で・・蚊にもいっぱい刺されてフィラリアに感染し・・・たったひとりで耐えていたのかと思うと泣けて泣けて
初めてあったこの時に、里親ではなく・・もうviolaを手放せなくなってしまっていました。

工場の隣に住んでいた方が、6~7歳・・6歳は絶対超えてると教えてくださいました。
なるべく長生きしてほしかったので、当時ファビが9歳、ドロシーが7歳だったので、少し若く見積もって・・この子は、5歳にすることにして、
18歳☆って書いておりましたが
本当は19歳は超えていたのだと思います。

そして、ボランティアさんのお友達でトリミングをされている方が綺麗にviolaをシャンプーしてくださって
そのあとにBUFFに連れて行くと、
怒っていたダーリンが、びーちゃんを見るなり
”お~~来たか♡”と満面の笑みで・・・
迎えに行く朝も怒っていたので、嫌な顔をされるかと心配していましたが、その反応にびっくりして・・
violaは、そんなダーリンをよそに笑
車から降りるとなんのためらいもなく、一目散にお店の中に入っていきました。

そして、誰もいない夜真っ暗になるお店に置いておけるはずもなく・・
家に連れ帰った後の悲惨すぎる我が家の状況は想像におまかせして☆

b0128101_12353357.jpg
violaは、最初の名前はマック(真っ黒やから)
女の子と聞いていたけれど、足をあげておしっこするし・・男の子????と思ったのですが正真正銘の女の子
マックはあまりにひどい名前だわ!と
その日のうちにどんな名前にしようかな☆って考えてひらめいたのが”viola”でした。
とっても美人犬♡だったので、ぴったり~
響きも美しくて、美しいviolaにぴったりの名前を思いつきました。

最初は2階にゲージを置いて入れたのですが、慣れていないviolaは、嫌がってぴょんと上から飛び越え(すごい脚力で唖然・・・)
ファビとドロシーが1階にいて吠えまくるので、階段にゲートを置いて、びーちゃんはいつも階段の踊り場のところが定位置で
眠る時は2階の寝室でいっしょに眠りました。
それまでわんこは大好きだったけれど、2階は汚されるのが嫌で絶対わんこ禁止だったし、一緒に眠るなんて・・それだけは無理・・と思っていたので、ふぁーやのちもそうでしたが、また一段階・・violaが私の殻をいっぱい破ってくれました。
(その後のにゃんこバニラは10段階ぐらい一気にキャパを広げてくれましたが笑)

朝になると、ダーリンといっしょにBUFF号に乗ってBUFFへ出勤
往復3時間かかるお仕事やお客様への配達もいつもずっと車の中でお利口にじ~~~~っと待機していて
本当にこんなお利口な犬を私たちは生まれて初めてみました。

お店のドアが開いていて、リードをつけていなくて出てしまって、
びっくりして、”きゃあ~!!”と叫ぶとピタッと止まって、すぐに戻ってきて

食べ物がそこにあってもけして勝手に取ったり、何を置いていても絶対に大丈夫で・・

来た日にたった一度、”ここでおしっこしてね”と伝えただけなのに、その日から一度も失敗することなくそこでできました。
2匹のコッカー達、ありえない!ありえない!ありえません!!!!”の驚きの数々
ふぁーくん、特にどろちゃんは一生涯しつけを完無視でしたから☆
世界にこんなわんこがいるのか!?と毎日ダーリンと感動感激しまくりの日々でした。

ふぁーとどろ2匹とびーちゃん10匹やったら、絶対びーちゃん10匹の方が楽!
びーなら、20匹いても30匹いても、ファビドロより大丈夫やわ!!

毎日そんな話を繰り返していたのを思い出します。

あんな生活をしていたのに、全然卑しくなくて・・ちょっとしか食べなくて・・・まずいものは食べません!
なぜか美食犬で、しかも同じものが続くと絶食
卑しい2匹達とはここでも天地の差・・
びーちゃん用にフードを4種類ぐらい用意して、ローテーションであげないと食べなくて☆
びーちゃんなぜかとっても高貴な犬でした。

もともとの性格と育った環境でviolaは恐怖心と警戒心が誰よりも強くて
数か月は私以外は誰も触れることができなかったけれど
だんだん家族は大丈夫になって

ふぁー(ああ見えて焼きもちいけず犬やったから笑)やどろちゃん、それからその半年後にきたばにたんとも仲良くすることはなかったけれど・・

どろちゃんが虹の橋を渡って・・
ふぁーも老犬になって弱弱しくなってからは、気をつけながらだったけれど1階で一緒に過ごせるようになり
BUFFは引退して、ゆっくりできるお家で過ごすこととなりました。




b0128101_12351735.jpg
音に敏感で、雷が怖くて怖くて震え続けていたびーちゃん
外出先で雷がなると、心配で心配で急いで帰って・・
そんなびーちゃんも耳が聞こえなくなって、怖がることもなくなり
すべてに敏感すぎたびーちゃんが、歳老いて徐々に何もかも大丈夫になってきて

violaだけが、唯一我が家のわんにゃんみんなと一緒に過ごすことができました。
虹の橋を渡ったfabulous(ファビラス)、dorothy(ドロシー)vanilla(バニラ)とも・・そして今いるperrierペリエとも☆


今年に入って歩けなくなって、
夜中も2時間おきや、1時間おきに鳴くこともあったり
排泄がとてもしんどそうになって、一度始まると、精油スプレーや精油クリームを使って介助して1時間近くかかって・・また少しすると始まって・・・の繰り返し
ひどい時は1日中・・・1日でトイレットペーパー1個使い切る時もあるほど・・・本当に可哀想な日もありましたが

でも必ず私が家にいる時にしかウンチしなくて
仕事に行く時も、遊びに行く時もその間はけしてウンチもおしっこもせずに、お利口にずっと待っていてくれて

17日までガツガツ美味しそうに食べてくれて・・・
自力で食べれなくなって、ぐったりしてしまったのですが、それでも旅立つ前の日は5回にわけてシリンジでたくさん食べてくれました。

昨年も長くは歩けなかったので、ベビーカーで近所の公園に桜を見にいって、来年も絶対こようね☆って約束したら
それもちゃ~~~~んと守って、今年もいっしょに桜を見れて・・・約束を果たしてくれました。

そのあと、いつも出勤していた道も通って
秋篠川の桜も、平城京の桜も車の中から見て、帰りにBUFFにも寄って・・

ふっと・・切ない思いが頭をよぎったのですが、必死で打ち消して・・・

18日の夜、とてもたくさんおしゃべりをしてくれて・・

お別れが近いかも・・またふっとよぎって・・・

でもそう思うと、現実になってはいけない!!!!と振り払って・・

介護を今から始める!と気持ちを切り替えて、眠りました。

早朝・・びーちゃんは静かに・・そっと虹の橋を渡っていました。


今までいっぱいびーちゃんに助けられて、いつもいつもずっとそばにいてくれて
性格がそっくりで似たもの親子で・・
だからviolaが可愛くて仕方なくて・・

寂しい思いをたくさんさせて・・ごめんね・・ごめんね・・本当にごめんね・・・
出会ってくれて本当にありがとう・・

ママはあほやから・・
本当にあほやから・・・
ごめんね・・ごめんね・・・びーちゃん
また絶対にママのことを見つけて、また絶対ママを探してね・・・生まれ変わっても・・また絶対会おうね・・

あほなママを赦してね・・
ごめんね・・びーちゃん・・

愛しい愛しいviola
心にぽっかり・・・

だけど
泣いてばかりいると、お利口びーちゃんは心配して、きっとそわそわそわそわ・・

だから、ちゃんと元気に・・仲良く笑って過ごすからね☆

安心して・・・

びーちゃん☆いってらっしゃい☆

またね・・・またね・・・☆





by aromananairo | 2019-04-21 15:21 | わんこ&にゃん | Comments(8)